新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧米諸国と比べると感染者も死亡者も少なかったのは事実ですが、果たしてそれは日本の対策が良かったからなのか。その検証を試みたのが、民間シンクタンクが主導する民間臨時調査会です。メンバーの1人で、パンデミックを「予見」していた浦島充佳医師に寄稿していただきました。

400ページ超に及ぶ報告書の第4部では、「日本モデル」の形成過程についてこう指摘しています。

「戦略的に設計された精緻な政策パッケージのそれではなく、様々な制約条件と限られたリソースの中で、持ち場持ち場の政策担当者が必死に知恵を絞った場当たり的な判断の積み重ねであった」

官邸中枢スタッフは混乱の実態を「泥縄だったけど、結果オーライだった」と総括したそうです。

流行の第3波とともに暮れる2020年。年末年始も治療にあたる医療スタッフの方々のためにも、2021年こそは「泥縄」ではないコロナ対策を望みたいところです。
日本の新聞などを読んで、コロナ検出の機器、方法などは絶えず開発されているそうだが、あまり日本全国で使用される報道はない。そもそもPCR検査についてはかなり疑問視している。
日本には製薬企業、ワクチンを製造する企業はたくさんある。しかし、ワクチンの開発についての情報、特にコロナワクチンについてはどのように研究開発しているか、ほとんど情報はない。
世界を見渡す限り、日本だけコロナが感染期間中にGoToトラブルのキャーンペンをやる。多くの患者が出ることを予想したうえでのキャーンペンでなぜやるのか理解できない。
患者の数が11月ごろから急増して、あまり緊張感はないのではないかと思われる。
中国が嫌われているので、中国から対策関連の情報をとる必要はないだろうが、日本人が好きな台湾からどのぐらいの対策情報を取り、学んだかわからない。
コロナ一つで戦後日本で培ったウイルスと戦うモデルをかなり問題を露見したと思われる。
浦島先生によるコロナ民間臨調報告書の解説。お医者さんであると同時にものすごい研究家であり、また文筆も立つ素晴らしい先生。浦島先生が参加してくれたことで民間臨調のクオリティが担保されたことは間違いないと思っている。
すべて計画通りにパンデミックに対応するというのは、むずかしい。見えない相手と戦うには、臨機応変であらねばならない。ただ、俊敏であることはとても重要ではあります。
結局なんで日本ってこんなに死亡率が低いんでしょうね。

※どうでも良いですがこの場合、
×預言者
○予言者では?
>「先生は預言者だね。新型コロナ禍、先生の書いたシナリオ通りのことが、今まさに起こっていますよ」
この連載について
2020年はあらゆる産業がコロナ禍によって痛手を被った。そこからどのように、新しい展望を開いていくのか。ビジネス・テクノロジー・経済の先行きを、各業界に精通する有識者が大胆に予測する。