新着Pick
572Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イギリスで見つかり、感染を広げている新型コロナウイルスの変異株について、現時点の情報をポイントを絞ってまとめました。

感染者数が増えれば変異もそれだけ多く蓄積していくのは当然のこと。そのなかで淘汰されるものもあれば、残っていくものもあります。ただ、注目されている変異株は感染力が高いとされるだけに、国内への流入はできる限り防ぎたいところです。

専門家によれば、変異株への感染を防ぐためにマスクを二重にしても意味はないそう。日常生活では、手洗い・うがい、マスク、ソーシャルディスタンス、換気を、これまで通り続けていくしかなさそうです。
変異株について、現時点でわかっていることがきれいにまとめられた記事です。逆にここの記載以外のことがSNSなどで出典不明で流れてきたら、新しい情報で魅力的に映るかもしれませんが、デマの可能性が高いと考えて良いと思います。

現時点では不明ですが、そしてその見込みは決して高くないと考えて良いと思いますが、将来的には、変異によって薬やワクチンの効果が影響を受けることも十分にありえます。

感染予防策については、「できること」に変わりはありませんが、「やるべきこと」に追加が出る可能性は十分に考えておかなければいけません。感染力の高まりに応じて、我々の防御をさらに強める必要があるからです。
変異種はいずれ日本でも広がるだろうし、東京の新規陽性者数はまもなく1000人を超えるだろうし、医療崩壊も起きるだろうという前提で自分はどうするかを今から考えておくべきですね。
私はすでに十分注意して生活しているので、そのパターンを変える気はありませんが。
新型コロナで死者が増えても、今年はインフルエンザがほとんど流行しそうもないので、インフルエンザによる年間数千人の死者数はかなり減るでしょう。
それと若い人は真剣に考えていないと批判する声もありますが、若い人たちは万一かかっても死ぬ確率は低いのですから当然です。高齢者(私も含めてですが)、持病のある人、肥満の人は、若い人を批判するより必死に自衛した方が、世の中ギスギスしなくていいんじゃないですか。
2021以降を見通す上でポイントとなる、新型コロナの変異株について、現時点で分かっていることがコンパクトにまとまっています。サイエンス担当の須田副編集長による緊急3分解説です。
新型コロナウイルス変異についての最新の解説記事。ウイルスの変異の生物学的な効果については検証されていないものの、伝播の速さに関係している可能性はありえます。まずはステイホームのお正月を。
ウィルスも生き残りのため必死です。これからも感染力を増すため、スパイクの威力を高めつづけるでしょう。人を必死で見つけて襲ってきているという感じです。人間を標的にしているだけに、恐ろしい。
限られた情報で断定するのではなく、「何が分かっていないか」を理解した上で謙虚に行動するのが大事だと思います。

最近ネット上で散見される「俺は分かってる。分かっていない奴はバカ」みたいな方々は心すべきですよね。
一瞬、変異株⁉️

誤字か?
ソフトバンクグループが新しい株でも発行?
コロナがとうとう上場?

すいません、かなり迷走しながら想像してしまいました。

コロナ変異は、個人的には改めて自分なりに感染防止策を徹底しようと思わされました。
ウイルスも生存を懸けて真剣だと認識した次第。
【社会】新型コロナ変異株についてわかりやすくまとめられた良記事。私は医学的・生物学的な知見を持ち合わせているわけではないのだけど、気になるのは、

①重症化率がどれくらいなのか?
②最近実用化されたワクチンは有効なのか?
③現在開発中の治療薬は有効なのか?
④既に抗体が形成された人が再度発症することがあるのか?

という点。この1年間で少しずつ築かれてきたもので太刀打ちすることが難しいとなってしまうと、コロナ禍がさらに長期化してしまうことになると思う。今後も変異株についての情報はきちんと集めてゆく必要がありそう。
NewsPicksの醍醐味的な記事とコメント欄。

ありがとうございます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。