新着Pick
1465Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おー!YOASOBIのインタビュー、新年早々テンションが上がります。小説を元にしたストーリーのある歌のため、昨日の紅白のセットも図書館の様な、本で埋め尽くされた秘密の書斎の様な世界観でカッコよかったです。

歌そのものもですが、こちらのインタビュー記事に埋め込まれているPVを見ると、別の形でも楽しめ、ストーリー部分がより浮き出てきます。
ちなみに、夫は『群青』推し、
https://youtu.be/Y4nEEZwckuU
ぜひ!

"2020年のYOASOBIはずっと画面の中の存在でしかありませんでした。そこからもう一歩先に進んで、実際に人の前に立って、自分たちが動いて演奏している姿をお見せしたいですね。"
という、コメントが新しいパターンの音楽からのさらなる飛躍を感じさせ、楽しみに!
2021も引き続きの注目のアーティストです。
言いたくなります。再生回数が伸びるにはリピートが必須。何度も何度1人の人に聞かれなければならない。深みのある曲は何度聴いても飽きない
"「これには原作小説があってね、しかも実はこういう話なんだよ」っていう背景があったほうが、人に言いたくなるじゃないですか"
新年から明るく学べる記事。何度も聴いていた曲でしたが、小説の話や匿名性の話などなるほどがいっぱい。ビジネスパーソンの活動にも示唆が多いようにも。

>>
だから、音楽を知ってもらうために、音楽以外の要素もプラスアルファで足す、人にしゃべりたくなるような仕掛けをすることが大事なのかも
YOASOBI、紅白で生歌唱を聴けて本当に嬉しかったです。透明感のあるikuraさんの歌声、疾走感のある楽曲…息の詰まりそうな2020年、『夜に駆ける』には本当に救われました。

小説とのリンク…という世界観については、元スーパーカーのいしわたり淳司さんが解説されているコラムが分かりやすかったのでご参考まで。
https://realsound.jp/2020/12/post-682797.html

そして他の皆さんもコメントされている通り、個人的には『ずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)』ももっと表に出てきてほしい。こんな時だからこそ、ライブに行けなくても、配信等で音楽界を盛り上げてほしいです。
すっかりおじさんになってしまった私ですが、
昨年は「YOASOBI」と「ヨルシカ」と「ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)」と「yonige」の区別がつくようになりました。

最近は90年代を彷彿とさせるように、良いアーティストがたくさん出てますね。ストリーミングの影響もあって、たくさんの良い音楽に触れることのできる毎日がとても楽しいです。

昨日の紅白のYOASOBIも良かったです^^
YOASOBIさんの記事を読んで以下の点、興味深く読ませていただきました。
次世代スター創出のヒントが詰まった記事だと思いました。

・原作となる小説をもとに楽曲制作していたこと
 →ストーリー性が共感を産みシェアされやすい
・小説がネットのサイトから発掘したものであること
 →ネットのIP活用により、原作ファンもはじめから聞いてもらいやすい
・AyaseさんがボカロPであること
 →昨今のヒットもボカロPから生まれている
・デビュー当初は匿名性をもってスタートしたこと
 →昨今のヒットアーティストではよくあって話題になっている人が多い
・CD未発売でのビックヒットであること
 →CDが意味をなさなくなっている今、現代にフィットした売り出し方
YouTubeやTikTokで火がつくアーティストが増えてきたのがとても今っぽいなーと思って、紅白観てましたけど、本当演出も演奏も素晴らしかったです
今年ライブ出来たら観に行きたいアーティストになりました
個人的には昨日のベストバウトでした。
昨年一番聞いたのはYOASOBIとUru。
それとLiSA含めて、全てソニーなんですよね。

今年は間違いなくUruがブレイクします。

ソニーのセンスが素晴らしいです。

引用
そうすると、楽曲の完成度を大きく左右するのが、僕らが小説とどれだけ向き合ったか。その時間がものすごく重要です。
去年は夜行性を知ったことでかなり救われた。ずとまよとヨルシカも良い。音楽制作のあり方と音楽の広がり方を再定義した形だろう。
昨日の紅白のパフォーマンス、会場もあいまって良かったです。そして会場でもあった角川武蔵野ミュージアムのサイトを見ていたら館長は松岡正剛さんなんですね。いろいろと納得。多読術、久しぶりに読もうかな
この連載について
独自の感性と能力で、他人とは一線を画したキャリアを形成するトップランナーたち。混沌とする2020年代を、どのように生きようとしているのか。彼らの「人生戦略」に迫る。