新着Pick
484Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カラオケでもthe first take verがあるんです!
シンプルだけど、真髄をついていて新しいムーブメントだなと思います。
劇団ノーミーツもそうですが、コロナ禍で新しいジャンルを確立したもう一つのエンタメがTHE FIRST TAKEだと思います。以前制作の裏側を取り上げた番組を拝見しましたが、やり方はそれぞれ違いますが、テレビでもライブでもない世界観をどう作り上げるか、制作チーム一人一人の執着と執念がすごいなと刺激をもらいました。

エンタメではないですが、イベントも同じ事が起きていて、世界中で様々な試行錯誤が行われています。そこにも同じ執着と執念があって、だからこそ新しいジャンルが生まれてくるのだと実感しています。
こんなプロジェクトがあったんですね。めちゃめちゃいい。作り込まれた音源や映像作品もいいけれど、それぞれのアーティストが細部まで音作りに込める情熱が伝わってくる。これは逆にノリを重視しがちなライブでは体験できないと思う。

紅蓮華をLiSAさんが歌っている姿を初めて見ましたが、やっぱりプロは違いますね。

ここに出演なさっているアーティストの方々は本当にすごいなと思う一方で、歳のせいか家計のせいか、歌自体に興味が持てなくなってしまっている自分もいますね。

エンターテイメント業界の新たな生き方の一つの提示としてはよいと思います。一方、これが「疑似ライブ」なのだとすれば、真の一発勝負のライブには勝てないとも言えます。エンタメの良さは複合的。
FIRST TAKEビギナーの方にはとにかくLiSAの「炎」を観てほしい!!!魂が震えます!
素晴らしい工夫ですね。

「今までにないもの」を追求した結果なのでしょう。

製作者の方々の熱意に敬意を表します。
年末にまとめて見ようと思ってたチャンネル。このサイトが紹介する映像だけでノックアウトされ、泣いてしましました。真っ白でミニマムのフォーマット、映像・音質のクオリティも要因だけど、何と言ってもアーティストの楽曲と歌唱、つまり表現そのものの個性と力量がアメリカにもK-POPにもないものを形作っている。これが世界から注目されるのはうれしい。
初めて見た時の衝撃が忘れられない。演出を感じさせない空間、これぞプロの仕事、という感じがします。
「場」を創るというビジネスの、すばらしさがわかる事例ですね。

アーティストにとっても、クリエイターにとっても、オーディエンスにとっても、他では観ること、聴くことができない「場」を実現することで、大きな価値提供につなげています。

これによる収益が、価値を生み出している方々に正当に配分されれば、更にすばらしいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
初めて知りました。
お見事...これがプロの集中力。
聞いたことない。PRかな?