新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファッションにおけるマクロ的トレンドは完全にカジュアル路線にシフトしたと言える。そのような中で、従来のプッシュ型ビジネスで世界一を目指すファストリティリングが注目するのはアジア。そして、そのアジアで勝ち抜く為にも値下げが必要。ロジックはクリアですね。

ただこのやり方だけが、ファッション界における経営手法ではない。

同じアジアを、同じ市場環境を見て、何をするかは企業次第。大企業には大企業のミッションがある。中小企業には中小企業のやり方がある。

No.1も良いが、オンリーワン、各企業がベストを目指すことにも価値があるファッション業界に生まれ変わっていく必要はあると思いますね。
郊外型店舗の、しまむらは順調。

10月度売上高はユニクロが16%増、しまむらが20%増 郊外型のカジュアル業態の好調続く
https://www.wwdjapan.com/articles/1144723

"『ユニクロ』は都心の店舗はみな厳しいが、郊外の店は好調だ」"

都心の店舗は、旗艦店+スモール店舗複数にECを掛け合わせるスタイルになっていくのでは?と考えてます。
ユニクロには日本代表として是非頑張って欲しい。
一方、ニ酸化炭素排出量とという観点で、アパレル業界は産業全体で10%を占めています。大量に作り、そして消費させるというモデルも限界が近づいています。個人的にも安いし、傷んだらまた買えばいいやと、ついつい思いがち。
リピート購入ということと相反しますが、長く使えるという視点もこれからは重要になると思います!
先日はニトリの似鳥昭雄会長が「日本は既に20年以上続くデフレですが、世界が日本型のデフレの時代に入るのではないか」とも話していらっしゃいましたが、ファーストリテイリングの柳井会長も「リーマン危機時などと比べても、消費者は価格にすごく敏感になっている。そんな状況下で値上げはあり得ない。普通の商品でいま値上げをしたら売れなくなるだけ」とのこと。

来年は少しでも経済が上向いてくれるといいですね。

【“経済予測の達人”ニトリ会長が「2021年、世界はデフレに突入する」と考える理由】
https://newspicks.com/news/5470412