新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染者数が右肩上がりに増える状況で年末年始を迎えることになってしまいました。

年末年始はクリニックや小規模病院の外来が閉まるため、コロナ患者の受け入れをしている中規模~大規模の急性期病院に救急患者が集中する形になり、救急医療体制が厳しくなります。また、急性期病院に入院して病態が落ち着いた患者さんは、慢性期病院や施設に移動してもらうことで病床のコントロールを行っているのですが、年末年始にはこの流れが止まってしまうため、出ていく先がなくなり入院病床が逼迫しやすい傾向にあります。

特に感染者が短期間で著しく増えている地域では、「入院が必要な状況でも入院できない」、「救急車を呼んでも受け入れ先がない」という状況が危惧されます。
この都内700人のうち、何人がCOCOAに登録したのだろうか。

たしかに感染拡大を防ぐために、個人でできる努力は大事。でも政府や行政、マスコミだからこそできることもあるはず。COCOA利用の呼び掛けや、感染をCOCOAへの登録を促すことは、政府や行政がやった方がよい。

COCOAに感染登録すれば、濃厚接触だった人は行動を制限しようとする。(全員じゃなくても割合は増える)

先週感染した人が全員COCOAに登録してたら、「私感染してるかも」という前提で行動できるので、感染者数は減らせるはず。
個人の努力に頼る感染対策だけでなく、仕組みをうまく利用してほしい。
普段通りに過ごしていたら、この時期は風邪もインフルエンザも多くなる時期だと思います。
年末で疲れも溜まり、気も緩む…
元々そういうタイミングなのだとは感じます。ただ、昨年までは主役はインフルエンザだったということ。今年はコロナ。

いつもより気をつけている人は罹患する機会が減り、いつものように過ごしている人は罹患してしまう可能性があり、その結果は今の感染拡大トレンドが反映しているのだと思います。
→感染力が強いから

けれども、お正月を挟む年末年始に、これ以上抑え込もうすると、経済への悪影響が大きくなりダメージが深刻になるというのが本音のところなのかなと感じています。
最近はクリニックでも当たり前にコロナ肺炎の人が来るみたいですね。

そして高齢者でコロナの肺炎がいた場合は気管挿管などの行為はしない(むやみに延命しない)ように話を持っていくことも多くなっていると聞きました(いわゆる命の選別に近いです)。そして、これらの症例は現在東京都が発表してる「重症者数」に含まれないんですよね、何もしてないから。
でも、人は自分が見たいものしか見ない(見れない)ものだから、また煽りだ言われて色々分断が進むだけなのかな。
(コロナの感染者数の記事にはコメントしないようにしてましたが、なんか昨日今日はコメントしたい気分でした)
政府のやり方に期待はできないので、ひとりひとりの努力にかかってると思うけど。マスク、消毒、3密回避を徹底するしかない。
マスコミ、しかもNHKが"○曜としては最多"ってバカの一つ覚えのような見出しを使うのはどうかと思います。”最多”を使えば危機感を煽れるとは思いますが。
無症状の人がどれくらいいるのか。そしてそういった人々も入院措置になるのか、が未だによく分からない。。仮に全員入院措置を続けているのであれば病床が逼迫するのは明らか。その辺りのレベル感をもう少し詳細に公表してほしい。
陽性が増えたのは検査が増えたから

拡大しているのは感染ではなく検査

東京の検査人数・陽性・重症・関連死・陽性率
https://t.co/C8Hqspf5J0

日本の PCR 検査は Ct (Threshold Cycle) = 40 なので検査で陽性と判定された人のうち本当の感染者はたったの 10%
https://t.co/TMtJvtpGEy

東京のコロナ被害は世界的に見ればほぼゼロ

ニューヨークとの比較 関連死
https://t.co/8H17DHz7WB
ニューヨークとの比較 検査陽性
https://t.co/wH43h0ZOot

「コロナ禍」はマスコミと専門家会議が生み出した幻想

諸悪の根源はマスコミ