新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供のテストに紙幣とコインの種類とそれを全部足したらいくらになるかの問題が出ており、普通に解けるかと思いきや、桁が違う回答を出していることに驚いたことを覚えています。
日々の生活の中で、紙幣をあまり見なくなり、キャッシュレスが進むと、お金の概念が確かにつきにくくなるリスクがありますね。おままごとですら、子供たちが、お支払いは現金ですか?カードにしますか?と聞いていますから…。
お年玉を機会に、お金そのものの価値、働いてどのように得るのか、早くから意識させる必要がありますね。
実感の大切さを考える。

キャッシュレス、特にオンライン決済は、子どもにとっては、お金を払っているようには見えません。

お金を使うということ、お金の価値を学ぶ機会をつくりたいですよね。

お金に限らず、便利さと引き換えに失う経験、その大切さを常に考える必要があります。
「ママ、お店で買わない方がいいよ。アマゾンならお金がいらないんだから」

記事では否定的でしたが、わたし自身はむしろ、好意的に受け止めました。

おカネは、現物としては存在していなくて、むしろ情報に近い。

こう考えると、キャッシュレス決済や銀行の役割、給料の意味など、日常的に触れる【カネ】について色々分かることもあるかも知れません。

10年後に生まれてくる子供たちに【カネ】って伝わるか考えてしまいました。
確かに、最初からキャッシュレス化が行われていれば、無料だと勘違いしてしまうのもわかる。
だからこそ、マネー教育をしっかりしていくべきだ
クレカ使えば何でも無限に買える、という子供の勘違いと根は同じですね。この辺の教育をおざなりにすると、リボ払いで現代の小作人コース待ったなしですわ。
貨幣制度自体が相互信用を前提に成り立ってますからね、論理的には現物なしでも成立するはず。
ただ物理的に存在していることを超える認知はないと思うので、記事のようなお話はおきるのかもしれませんね。
未来には、学校の資料館的なところにお札があって、これを昔使ってたんですよーみたいな感じになるのかも。
「おそろしい子…」by 月影千草


オバサンタは、現金で甥姪に餌付けしときます。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績