新着Pick
1515Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自分の立ち位置から離れて見る
は改めて意識してモノゴトを見ていかなくてはですね!
人気 Picker
メディア、あるいは個人が、自分の立場や主張を持っているのはかまわないし、当然のことです。宗教や政治的な目標を持っていてもかまいません。ただ、問題は、「事実ではないことを事実であると言い張ってはいないか」ということです。
 「事実ではないことを事実であると言い張る」と信用を落としてしまう、という基準が社会に普及しているかというと、これは社会によります。欧米でも、ナチスや共産党が政治目的でデマをバラまくことで躍進した例もあります。前近代も、もちろん同様で、ドイツの宗教改革の時などは、地獄のようなデマ合戦でした。
 マスメディアにしても、その登場以来、「事実でないことを事実であると言い張っていた」ということは普通にありました。別に1930年代に新聞がおかしくなったから、日本が戦争した、ということはなく、新聞というのは明治の頃から、そういうものでした。
 メディアが「ファクト」にこだわるようになったのは、一部の国でクオリティ・ペーパーと呼ばれるものが登場してからでしょう。その拠りどころは、主に科学でした。いい方を変えると、19世紀の後半から、「ファクト」を独占しようとする特権階級が現われて、その言論プラットフォームとなるメディアが現われた、というふうにもいえます。
 結局、「ファクト」を旗印にした権力・特権をめぐる争いなのではないか、というと、かなりの部分はそういえます。ただ、そういう政治とは別に、「ファクト」が追求されることは、社会や世界に長期的な利益をもたらしうる、ということもあります。
 フランス革命あたりから、「ファクト」は、民主主義、言論の自由、科学の進歩、などの争点になってきました。きっかけは、科学という「ファクト」を検証する強力な方法の確立です。それまでは、世界の地域ごとに、宗教などが「ファクト」の基準でした。ただし、科学が適用できる対象は限られていて、経済や社会、政治のことは科学ではあまりわかりません。
 「ファクト」と民主主義、メディア、科学などをめぐる争いはまだ続いていて、おそらくインターネットや中国の台頭などで、パワーバランスが崩れてきています。「ファクト」に意味はありますが、19世紀にできたクオリティー・ペーパーをプラットフォームとした層の方法(日本のメディアも戦後はそれに乗ろうとしたわけですが)が通用し続けるとはいえないでしょう。
私は自分の立場を全力投影してよみ、次に引いて読む、複眼を自分の中に持つことが大事だと思う。主幹も大事。
独立した個としての精神と思考能力を若くから身に着けているか否か、によるのだろうと思います。個々のポイントはどれも概ね賛成するものの、本質はテクニック論ではないのではと。
伝聞情報は裏をとるまで信じない、基本、現地で、現物に触れ、現地の人と話をして一次情報を自分でとる…現地現物現人主義(オリジナルは畑村洋太郎先生)が大事です。

今はZOOMがメインになってしまいますが、とにかく、現地に住む人たち、関係者、当事者の人たちから話を聴くことが一番です。

公開されている情報には、意図やフィルターが必ずかかっています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
置かれている立場や感情が先行して色眼鏡がかかるケースはビジネス上においてもあると思います。重要なのは情報ソースをしっかりと見極めること、情報ソースのバイアスがそのまま自身のバイアスに繋がるので。
メディアが事実と解釈を分けて報じてくれたらそれで済む話かと…

もしかしてこのまま永久に事実と解釈が分離されずに報じられる世の中になるのかと思うとおそろしくなりました。

また、立ち位置から外れる前に立ち位置に気づくことが必要で、それをしていない人が多いとよく感じます。いろんな方と話しながら、違いに着目して、自分と相手の立ち位置を自覚することが必要かなと感じます。

あと、なんでそうなるのか?これからどうなるか?を自分なりに仮説を考えることも大事だと思います。

なぜ過去を検証しないのか?検証するとどうなるか?

まずはここからからと思います。
"2020年代、ニュースを見るときに最も大切な姿勢は「自分の立ち位置から外れてみる」こと"

常に意識しなければと思いました。自分の意見に固執してしまうと、視野が狭くなります。

結論ありきでなく、検証することを無駄なことだと思わず、事実に対して誠実に向き合うことを心掛けたいです。
最近目についたのは、ミレニアル世代は情報リテラシーが高いという記事。本当に高いのか、情報に振り回されていないか、コロナ禍においてそこの部分が露呈したと思います。

そんな中で気をつけなければならないのは発言の内容になってくるのだと思います。若輩の私はいつもメディアの発言者に対して、発言の背景や根拠を気にするようにしていますが、その背景や根拠を得たとしても、私はその発言者のように発言できるようになるとは思えません。
また、反対に根拠や背景なく、自身の所感のみで発言する人も散見されますが、その人の持つ肩書きによって根拠なき言葉に説得力を与える結果となってしまいます。この事実は私が発言をするという行為に躊躇いを与えてきます。

格差が広がる未来において、年収の二極化、AIによる職の消失はアメリカでの試算ではありますが、そう遠くない日本にも言えることでしょう。格差から救う政策では間に合わなくなるかもしれない未来に備えて、格差をなくせる教育を始めなければ手遅れになってしまうのではという危機感が消えない今日この頃です。
ニュースを見るときは立ち位置から離れてみる。
これに限りますね。
NewsPicksのコメント欄はさまざまな立ち位置からの意見を収集できるので非常に助かっています。
情報より自身の感性に向き合う時代がきていると解釈すべき。