新着Pick
650Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
女性に限らず、男性も含めて何故、国家に組み込まれるとモノとして扱われるのかを記事を読みながら考えていたのですが、そもそも明治維新で国が成立した時点で、男性を「労働・軍事の駒」、女性を「子どもを生産する駒」として国家が積極的に人間のモノ化を推し進めてきた結果なんですよね。
*富国強兵をせざるを得なかった時代なので、手っ取り早く人間を駒にしたということです

記事で石原さんや麻生さんのコメントが出てきてますが、彼らは男性も「労働・軍事の駒」程度にしか見なしていないので、そういう意味ではこの国の政治家は明治維新以降、良くも悪くも常に一環しています。アップデート出来てないとも言えますが。

ただ、それがこの2021年になっても、有効な国家運営だと政治家や中央が思っている辺り、暗澹たる気持ちを覚えます。
国家が個人を縛り付けれる時代は、既に終わっており、どう個人をエンパワーメントできるかに世界の国家運営がゲームチェンジしていっているので。

「性教育をしない=女子どもは何も知らなくていい、男は性や子育てなど気にするな」というのは、この国の国家運営のツケです。ツケは払いましょう。きっちり利子も付けて。

女性を「産む機会」、男性を「労働の駒」から解放することは「自分の体」を取り戻すだけではなく、「自分の権利」を取り戻すことにも繋がるはずです。
人気 Picker
>人口が減り続けても機能するような社会保障制度への転換
これができれば理想何でしょうが、国としてはそりゃ人口を増やしてほしいという思いがありますからね。本記事で取り上げられている政治家の発言はかなりやばいものですが、根底には国、自治体、会社、どんな形の組織であれ、人が増えないことには衰退していくしかない、という原則があるからでしょう。

産む、産まないは個人の自由、ですませるのではなく、産みたくなる社会づくりとそのための教育が大切ですね
女性自身が自分の選択でいろいろ決められるようになることがやはり理想で、あるべき姿なんだとこちらを読んで思いました。自分は少なくともできているけどそうでない人もたくさんいるのだと改めて知りました。
教育の問題でいつも思うのですが、何を習うかを教師が決めるのではなく、生徒に選択させたら良いと思います。先進国ではほとんどがそうなっています。性教育は特に人気のある科目になるでしょうね。
子を産む産まないは女性の自由ですから子を産まずにという選択肢もありだと思います。ところで、2020年の新成人はおよそ120万人でしたね。誕生した新生児はおよそ60万人です。
今の女性の権利を主張した結果、未来の日本人の居場所を無くなるかもしれませんね。

もちろん個人の権利は大切です。みんながみんな、やりたいことをやりたいだけやればいいし、産みたくない人のためにどこでも避妊薬を入手できる方がいいでしょう。簡単に入手できれば、それこそやりたい放題できますからね。さて、本当にそんな社会でいいんですか?
なぜ診断書が必要か考えたことはありますか?個人の自由で避妊薬を購入できればどのようなことになるか考えたことはありますか?

性教育はとても重要です。現状の教育では十分とはいえませんし、多くの知識を学ぶだけでなく、学ぶ姿勢を身につけなければなりません。しかしながら、薬を用いるということに関しては、どういった効果があるのか、体質と合っているのか、副作用がないか、など、専門知識が必要になると思うのです。医者にかからずに薬を買うということは、そういったことに自分で責任を持つことに相違ありません。それはあまりに酷ではないですか?

女性の社会進出や、人権問題が多いことは承知していますし、改善はなされるべきだと思いますが、改善方法はそれほど単純ではないのです。いつも目にするのは「女性管理職を増やす」や「診断書なしに薬を買えるように」、「産みたくない人は産まなくてもよい」みたいな理想論ばかりで、問題はそこじゃないでしょうと思うものばかりです。

私自身が答えを持っているわけではありませんが、いま一度、全ての主張に「あらゆる面から」考えて本当に妥当か、解決になるのか、を再考する必要があると思います。さもなくば子供の駄々と同レベルの主張しかないと思わざるを得ません。
"性教育は性器教育ではなく、『生と性』の教育、人間教育そのものである"

何かの文献で目にしたことがあります。特に日本は性教育に対する思い込みを改め、人間を尊重する観点で、早い段階から正確な知識を身につける体制が必要なのではないかと改めて考えさせられる内容でした。
教養として、勉強になった。