新着Pick
943Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1MC、1DJとしての傑出したスキルはもちろんのこと、曲やラジオを聞いていてCreepy NutsほどHIPHOPへの愛が伝わってくるアーティストはいません。

まさに年単位で空気が変わり、意外なほど多様性に溢れるHIPHOPシーンにおいて、サブジャンルを問わず全ての先人へのリスペクトと少しのディスを持っているんだなあと節々で感じます。

業界にありがちな『俺ら成功してるぜ酒女金ウェイ』ではなく、「板の上の魔物」、「だがそれでいい」、「メジャーデビュー指南」、「みんなちがって、みんないい。」、「生業」のように広い意味でHIPHOPそのものやHIPHOPファンをメタ的に題材にした曲も多く、特に20〜30代にとって憧れではなく共感を抱きやすいことが”売れてる”要員の1つと思われます。

ちなみに、記事中にもあるような移り気なHIPHOPシーンへの愛憎は、「阿婆擦れ」の歌詞にも表現されています。

—-
毎年抱かれる、男を変える
半年、一月と早くなってく
で、明日は誰?で、俺はいつ?
生まれも育ちも
肌の色も貴方のままでいいのよ
ってあの言葉
鵜呑みにしたまんま
ココまで来ちまった嗚呼…泥沼
散乱する屍の山
お前の足元には彼岸花
そのイケてる次の被害者達と
せいぜい幸せにやんな〜
阿婆擦れ
ヒップホップユニット・Creepy Nutsの二人に話を伺いました。今やテレビにラジオに俳優、文芸誌での執筆活動など、本業以外でも幅広く活躍しています。

トップクラスの実力を持ちながら、悪ぶらないキャラクターであることも人気の秘訣。取材中も一人称が「僕ら」のときと「俺ら」の時があって、謙虚であることと、自信に溢れた力強い主張が交互に見え隠れするのが印象的でした。

正しさを押し付けないというヒップホップの考え方は、「多様性」という言葉が時に刃を剥くこともある現代において、大切な考え方だと思います。

また、R-指定さんが話している、ヒップホップは自分の主張を言った後「お前はどうするの?」と問いかけることがあるという話も興味深く、それを知ってから改めて楽曲を聴くと、気持ちが奮い立たされます。

スポーツ選手にヒップホップ好きが多かったり、入退場のテーマソングに使われがちなのはそういう理由なのかなと思ったりしました。きっとビジネスパーソンや経営者、起業家の皆さんにも刺さるはずです。
ヒップホップは自由。ワルじゃないヒップホップ、R-指定さんのおかげで刑務所に行かなくてもトップになれると感じたヘッズも多いはず。
自分の時代はワルじゃなきゃ、Wack MCやリアルじゃないと揶揄されていました。武道館ライブが開催されたのは金字塔であり、胸アツでした。
記事の中に老害がいてこそヒップホップというのは響きます。その対立構造自体が売り。自分の今の業界では老害とのマッチアップはやはり受けません。老害達とラップバトルしたい。→公にフェアに議論できる環境、つまりラップバトルできるってのが業界的にも成長する秘訣なんでしょう。ラップしたい。
戦略を教えている立場からもいろいろ考えさせられました。「自分の目>世間の基準」という考え方を突き詰めて、「この指とまれ」的なファンが集まるのでしょう。よく幹部研修などで「3Cの中で、一番分かっていないのはCompanyじゃないですか」なんていう話をするのですが、多くの人を抱えた組織が「個性」を発揮することの難しさと大切さを改めて感じました。
「こじんまりとした、とくに否定されず、粗もなく、別にダサくもない、揚げ足とられないような作品」 グサッと来たな。無意識のうちにこれやりがちだったかも。笑 脱皮しようと思わせてくれた、よいインタビュー。
これ共感をうむポイントとして興味深い。
コンテンツをつくる時に少し意識してみたい。

"人は何かに感動する時、自分の過去の原体験と照らし合わせて共感したり、記憶が揺さぶられて泣いたりすると思うのですが、常に100%共感しなくても良いと思うんですよね。
少しでも共感する部分があったり、「もしかしたら自分と似てるのかな」と思えたりすると、すごく楽しい。"
「ラップをやってること自体が目的だったりするし、ある意味でゴール」
僕も売れることを目的とせずに自分たちがやりたいことを追求すればいいと思って「格闘技」をやっていて、「ファイターとしての時間生活を少しでも長く続けたい」と思っています。その中で目に見える成果を指標とすると振り回されることになるし、結果的に自分が作りたいものが作れないと感じています。

日常を切り取ったものが試合と僕は言うのですが、日常とリンクするものにしていくことが大事なのではないかと感じた良記事でした。
あるがままを押し通して生き抜いて来れた人の、魅力を感じますね。
一語も「ぶって」ない。商業主義が悪いわけではないが、どこかでアーチストにはこういう純粋さで生きててほしいというファン側の感性はありますよね。
私もPUNPEEに一撃食らってから、一気にヒップホップワールドに引きずり込まれました。
さすが東さん、やってくれる。今年のCreepy Nutsはエグいスピード感でのし上がっていった印象。ライブもインタビューもかっこいいですが、ラジオ聴いてほしい。
感じたことを音と言葉で伝える。即興性、1回性ゆえに心に響く。技術があっても歌詞をなぞるだけでは響かない。
この連載について
独自の感性と能力で、他人とは一線を画したキャリアを形成するトップランナーたち。混沌とする2020年代を、どのように生きようとしているのか。彼らの「人生戦略」に迫る。