新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いよいよ明日は天皇杯決勝です。
就任して以来4年、5つ目のタイトルなるか。鬼木イズムは確実にフロンターレを強くしました。
今回は、監督就任時、初優勝の後、今シーズン前・・・
鬼木監督が就任して以降、その時々で伝えてきた言葉が作った、
常勝軍団の理由をご紹介します。

庄子春男GMのインタビューと合わせてご覧ください。
https://newspicks.com/news/5443449
定義にもよるかもしれませんが、監督ってリーダーなのかなあ?と考えさせられました。
私はスポーツの世界とは縁遠いのですが、一昨年、地元の少年野球チームの監督を1年間担当させていただきました。

地域の小学校で集まったチームのため、強いチームというわけではなく、野球に対するモチベーションもそれぞれの子ども達のチームでした。
前年度勝利をすることができなかったこともあり、なんとか勝つ経験をさせてあげたいなと思いましたが、チームの雰囲気を作るのは簡単ではないですね。

子どもの野球でしたが、スポーツの勝負の世界は厳しいですね。
必ず勝者と敗者が出ます。
試合で負けるのが当たり前になってしまっており、競った時にひと踏ん張りが効かないということが多くありました。

転機だったのは、最初の勝つ経験でした。
仲の良いチームさんと練習試合をさせていただいた中で、接戦だったのですがそれを乗り越える経験ができた(偶然も味方しました)ことです。
「自分たちでも勝てるんだ」という認識をしたことで、チームの雰囲気は少しだけですが変わってきました。その試合で勝った時に、飛び上がって喜んでいる姿を今でも思い出します。

結局1年を通じて36試合をやり、7勝28敗1引き分けと、結果多くを勝つことはできませんでしたが、それでも1回の勝利が取り組む姿勢を変えた印象があります。
鶏と卵の話のようでもありますが、やる気のあるメンバーに適切なコーチが加わると、良いチームが生まれやすいというお手本のような気がします。
ビジネスデも全く同様の摂理が言えると感じました。
カルチャーを明確にすることは改めて大事だと思った。
・鹿島と川崎の両方を経験した鬼木監督が、鹿島の正解を川崎に持ち込んでも成功しなかった
・同じく川崎の成功を他クラブが真似しても勝てるわけではない
・クラブの「色」を最大に生かせる方法を探るべき
という面白い話。カルチャーの言語化ができればさらに強固なものになりそう。
年の瀬に非常にありがたいインプットでした。
組織の持っているものを最大限に生かす。全力でやらざるをない状態を作る。
2021年に向け、我が事として考えてみたいと思います。
明日の天皇杯決勝も楽しみですね。
スポーツやってる人の言葉ってめちゃめちゃビジネスに生きることがあるなと思っています。「日常をどうやって変えていくのか」はそうで、劇的に変わった一年は日常の大きく変えていけている気がします。
出た