新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今まさに会見中です。EU側は当然、EUサイドの要求が最大限に反映されたと述べるでしょう。とりあえず、今はVDLが英国とEUが引き続き協力関係にあることを強調しています。
翌朝にならないと全容は分からないでしょう。これから英国サイドの会見です。

追記しますが、1/1から新FTA発効、準備期間的な措置はない様です。EUは議会承認を2/28迄に済ませる方針とあります。NY株の買い材料になる反面でポンド相場はあまり上昇せず、ジョンソン首相の支持率回復もそれほど見込めず、5/6にはスコットランドとウェールズで議会選です。
合意の中身はわからないが、おそらく最後までもめた漁業権ではEUの漁業者に一定の割合での漁獲を認めるということになったんだろうな。公正な競争条件はどうなったんだろう。離脱して主権を回復し、好き勝手出来ると思ったけど、それなりに制約のある離脱を受け入れたということなのだろう。
英国EUがFTA締結で合意との速報。英国側が英水域におけるEUの漁獲高について譲歩した結果、合意に至ったということなのだろう。期限切れまで1週間での合意になる。
ドイツと英国に、経営者の友人が多数いるが、
彼らの言った通りになった。
クリスマスと、タイミングまでその通りだった。
私は、その楽観的な見方に正直驚いていたが、
所詮は、ギリギリまで交渉している事を、
双方の支持者に見せる、パフォーマンスなのだ
と言う解説だった。
そんな中、来週金曜日から地味に日英EPAが発効となります。
合意直前のフランスのテレビニュースでは、ジョンソン首相の大幅譲歩…と言っていた。
漁業権は究極のところカネの話なので妥協し易いですが、英国のパワーを離脱後もEUのルールで縛る”公正な競争条件”と”紛争解決手段”はどう決着したのでしょう。妥協が難いはずのそちらの合意内容が出てこないことが気掛かりです。どちらがどの程度降りたのか・・・ (・・

〈追記〉
英国はEUルールと欧州司法裁判所を離れる、ただ、EUルールは尊重する、という事らしいので、この二つに拘り続けたEUがパワーの部分で大きく譲り、EU域内向けに説明できる形だけは整えたというのが第一印象ですが、さて…
急転直下とは正にこのことですね。
コロナ禍は、外交交渉にも少なからず影響を与えたということでしょうか。

そういえば、WW1は、スペイン風邪が影響して停戦が早まったと外交史の教科書に書いてありました。
英国とEUは、新たな自由貿易協定(FTA)など巡る交渉で合意したとの報道。
BBCで会見が見られます。
【LiveLIVEUK and EU agree post-Brexit trade deal】
https://www.bbc.com/news/live/uk-politics-55433447
やっと合意できましたね。
私はEUを離脱して良かったと思います。
これからイギリスはいろいろな国とFTAを結んでドンドン伸びていくのではないでしょうか。
新型コロナウイルスの影響がプラスに動いたのマイナスだったのかわかりませんが、良く締結できたと思います。