新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
基本的な陽性率は4月の頃からほぼ変わらず、5%から7%位にとどまっているので、感染が拡大しているって言うのは少し違うのかなぁって。検査数と比例してるだけかと。
人気 Picker
参考となる検査件数は1万2511件です。20代が240人にのぼっています。年末まであと1週間、この間に抑制傾向となるかは、東京都内の人の動きにかかっています。今夕、小池都知事から見解が示される予定です。

医療の最前線では、特に重症者が回復傾向となっても、リハビリなどに人手が掛かります。

【コロナICU 9病院搬送拒否の末…医師と看護師「受け入れる」】
https://youtu.be/2JYFe2dHEog

食事がとれなかった人、体を動かせなかった人が日常生活に戻るためのケアも行われています。この現状から、改めて時間と人手を要する、大変なウイルスであることがわかります。
900人台を想定していたので、意味のない安堵を少ししています。これで曜日ごとでも10日連続の過去最多です。歯止めが利きません。緊急事態宣言を出すしかないと思います。昨日は初めて47都道府県すべてで感染者が出ました。北海道は人の流れを止めて収束が見えてきました。やはり人の流れを止めるしかありません。厳しい措置が必要だと思います。
そのうち「欲しがりません、勝つまでは」的なスローガンも出てくるのでしょうか。
我々は一喜一憂せず、出来る限りの感染対策に努めるまで。とりあえずクリスマスは、変なテレビ番組など観ずに、名作でも流しながら家族でゆっくり過ごしましょう。
冬に増えるのは分かっていたわけで、それで医療が逼迫してると言う医師会や政治家は反省するべき。それを隠すためにGotoのせいにしたり、人手が減らないのを国民のせいにしている。批判ばっかしないでお互い考えてほしいです。

また、営業時間短縮して補助金出して、将来の働き盛りから税金として徴収される。補助金出す出さないを決めているのは、この補助金として使った税金をほぼ払わない年寄りばかり。東日本大震災のをまだ払っているし、今後も地震は来るかもしれない。自分はまだ20代ですが、お先真っ暗すぎて発狂しそう。

あと、重症者全然増えてない
私、別の記事に、インフルエンザとコロナでは医療機関への負荷が具体的にどれくらい違うのでしょうか?とコメントしたところ、とある医師の方がコメントくださりました。
それによると、概ね、一人あたりの患者に掛かる負荷が4倍くらいのようです。
→主に人的コストのようです

https://newspicks.com/news/5481143/

ですから、今のコロナ患者数の4倍のインフルエンザ患者がいるとして、医療機関への負荷を考えれば良いようです。
過去に、それくらいインフルエンザの患者が出た時があるのかは分かりませんが、人手を多く必要とする疾患であることは間違いないようです。

この寒い季節は、風邪でもインフルエンザでもコロナでも症状が酷くなりやすいのは同じ傾向なのでは?自分を守る為にも、今は病院に行かなければならない体調悪化は避けるようにしようとするのが賢明だと思います。

ただ、こちらの記事内の入院患者年齢分布を見ると、入院患者に占める高齢者の割合が高まっているので、若者の共感を得られるかは微妙です。

https://newspicks.com/news/5488220/
陽性が確認された人数の発表は、おおむね3日ほど前の検査結果と言われてます。土日は検査・診察体制が縮小されるために月曜日に検査が集まり、その結果が木曜日に集中するというサイクルのようです。年末の仕事納めから年始の仕事始めまでは、同様に発表の数は少なめとなり、仕事始めから数日後にまた増える可能性があるということだと思います。表向きの数字で気を緩めないことが大事です。
踏ん張りどころとして医療従事者の方にはホントに頑張ってもらいたいんですが、色んな方が仰るとおり、コロナ病棟が逼迫している一方で、それ以外ではたくさんの病床数が余っている現状を何とか改善できないもんですかね…。
東京都が公表しているHP上の「感染状況・医療提供体制の分析」、以前は日々更新されていたのに、今見たら未だ12月19日現在の数字になっている・・・ 12月19日時点の情報が公表される前も、数日のブランクがあったように思います。以前は夜のうちに当日分が、その後も前日分がこまめに公表されていたように思うのに、何故なんでしょう (・・? まさか、休業補償金を自ら払う財源がなくなってGOTOの判断その他を政府に委ねる形になって、意欲が薄れたわけじゃないでしょうね・・・ いや、折角日々追っかけていた数字が取り難くなって、ちょっと皮肉を言ってみただけで、特に他意はありません f^^;
PCR検査陽性率が8%に及び、明日は900人を超え、過去最高を更新しそう。1千人を超えるかも知れません。
24日の888人の陽性者の中にはイギリスから帰国した人が含まれており、変異したウィルスに感染した人が、日本国内で見つかるのは時間の問題と思われます。政府の対応は後手後手。正月もクリスマスもない医療は崩壊寸前。「第3波」の備えを怠り、打つべき手を打たなかった政府の「人災」と言ったら言い過ぎでしょうか。
素人ですが、インフルエンザはワクチンがある、コロナはまだ医療従事者ですら、日本は誰も打っていない・・・これだけでもすごい違いですよね。