新着Pick
438Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
私も取材しましたが、今期の業績が好調な理由が気になってたまりませんでしたが、2、3年前から受注金額の絶対額よりも、質にこだわったことが一因だそうです。
つまり、お客さんの成長性や、単にスペックを指定されて物を収めるだけのモノ売りタイプのビジネスよりも、お客さんと一緒にまっさらのキャンバスを一緒に描くタイプのソリューションタイプの受注かどうか。
それが売り上げや利益という花として開きつつあり、今の業績を底座さえしているそうです。

今回のインタビューの後半に登場する「自分の食い扶持を奪われる」オープン戦略には、「肉を切らせて骨を断つ」と言わんばかりの、目先の売り上げと利益という日本の呪縛=PL思考から脱却し、ファイナンス思考へと脱皮する意気込みの一端を垣間見ました。
人気 Picker
技術のことはよくわかりませんが、最近のWSJではアップルだけでなくAmazon やGoogleまで③の思考半導体の内製化に進んでいると報道されています。そもそも顧客が大型化するにつれ、そうした傾向は広まってもおかしくないでしょう。日の丸半導体最後の生き残り、ぜひ頑張ってほしいものです。
https://www.wsj.com/articles/chip-giants-intel-and-nvidia-face-new-threats-from-amazon-to-google-to-apple-11608460201?mod=searchresults_pos1&page=1
用途、顧客ごとにカスタマイズされたソリューションとして提供する事をますます求められる半導体メーカーと、それを極めるため自ら半導体を内製するユーザー側、というトレンド。

もっといえば、テクノロジーは過去数十年のチップ、OS、アプリ、ハードといったパーツ毎にドミナントしていく水平統合プレイから、産業・用途毎に特化してパフォーマンスを最大化する垂直統合へとパラダイムシフトしている。
電気 (power electronics) と電子は機械と電子くらい違いますけどねぇ 詳細設計で抽象モデルが使える (使えない) 範囲で言うと、機械の方に近いです なので発想が違うのは、電気を電子の基礎としてカリキュラムを組む事の多い大学教育の問題という気がしますねぇ これからは、電気と機械の接点であるモータがより身近になるのですから、この2つの物理的相似を強調したカリキュラムが必要かもですねぇ

「機械系(メカ)と、電気・電子系(エレキ)の発想は全く異なるからです。」
先日の半導体特集でも取り上げたように、テスラやアマゾン、グーグルなど、巨大テック企業が半導体の設計を自分たちで手がけ始めています。
そうした時代に、従来の半導体メーカーはどう戦っていくのか。数少ない「日の丸半導体」企業のルネサス柴田CEOにお話を聞きました。
人間の機能に例えた半導体の種類分けや、現在の業界地図も含め、わかりやすく俯瞰的にお話していただきました。
ルネサス柴田CEOの記事。半導体企業のトップが、でも半導体に詳しくない方にも極めて分かりやすく状況を解説されているインタビュー。特に半導体の種類を人間の体になぞらえた説明は分かりやすくなるほどと感じた。

合従連衡については、同意する点と同意しない点がある。規模が大きいメーカーの合従連衡は続くと思う。一方、ファンドリーもあるなかで、ファブレスの創業がしやすくなっている。その観点で、大規模な企業と、スタートアップがより多く出てくるという二極化構造にすでになっていて、それがもっと進行すると自分は思っている(医薬品とかも似た形)。

あと、るねあっすの戦略として、カスタム・プラットフォームという言及をされている。TeslaやAppleのような内製(自社特化仕様)は、その特化にかかるコストを賄うだけの規模が必要だが、それができると最適化できる。NVIDIAのような汎用品は、規模はあるが汎用度を担保するための設計の冗長性が必要で、そこにコストがかかる。カスタムはその中間にあるが、一方でカスタマイズするための規模も一定必要だが、規模は汎用品ほど取れない。
だからカスタムするためのプラットフォームが重要で、カスタムはしているがそんなにコストがかからないという構造、汎用品を買うより一定特化できてパフォーマンスが良いなどが重要。それができるかがキー。
電子機器などに比べると、車載については物理的に動かし、そのために様々なセンシングも必要で、乗り味といった点も関係するので、カスタムニーズが強いと思う。一方で、電子機器ではカスタム部分の規模はどんどん小さくなっていった(日本のロジックが衰退していったのはこの市場の縮小もある、メインの理由ではないと思っているが…)。うまく成功してほしいが、どうなるか!?
この考え方は危険な気がします。

この方は一流の半導体エンジニアだからこそ、メカとエレキを分けて考えるのかもしれませんが、バリューチェーンの川上と川下に価値の軸が移って行きつつある中で、テスラやアップルが、半導体や電池を内製化して川上に進出するのは自然ですし、逆にセンサーを持っているソニーが電気自動車を作り川下に降りてくるのも自然です。

私は将来的にはアップル、テスラ、ソニーが同じ市場で戦うことになると考えています。
半導体内製化の時代になりました。armの凄さはそこ。iPhoneのA1チップではピンと来ませんでしたが、MacBookに搭載されたM1を見てやっとその凄さがわかった。
ルネサスの言っているプラットフォームはどんな価値を顧客に提供し、体験してもらい、最終消費者が何を体験できるのか?
"ルネサスはそれよりも、みんなの人生を楽にするソリューション、プラットフォームを作っていくほうが性に合っているし、得意だと思います"
半導体でも、NVDIAやARMでない領域のことが勉強になって面白い!ルネサスでは電気自動車、自動運転の半導体を半カスタムで作り、例えば車が周囲を「見る」技術の進化を支える戦略。
この連載について
2020年はあらゆる産業がコロナ禍によって痛手を被った。そこからどのように、新しい展望を開いていくのか。ビジネス・テクノロジー・経済の先行きを、各業界に精通する有識者が大胆に予測する。