新着Pick

高速道路3社、初の赤字へ コロナ禍で交通量減

共同通信
高速道路3社、初の赤字へ 東日本、中日本、西日本の高速道路各社は23日、2021年3月期の連結業績予想を発表した。いずれも新型...
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前年度末で29兆円にものぼる借金残がありながら、国土強靭化のもとに道路を延ばす。既存インフラの更新補修もままならないのに。赤羽国交大臣に質問しようかな。

少子高齢化、人口減少により高速道路の通行量が減ると、29兆円の返済計画にも狂いが生じかねません。新しい高速道路を作り続ける限り借金は減りません。いよいよ通行料値上げの話が出てくるかも知れませんね。
そうなると物流を担う大型車よりも普通乗用車の負担増がちらつき始めます。
追補。
一部に認識不足のコメントがあります。国は2050年までに借金完済を約束しています。なお、東日本大震災の復興目的、国土強靭化のため2065年までは高速道路通行料金を無料化しないと説明しています。

全国プール制のため、新規に開通させる高速道路の建設費について、都度借金が上乗せされていきます。実際、平成31年度は期初に対して期末に借金残が増えました。
https://www.jehdra.go.jp/ir/jisseki_saimu_zandaka.html

借金返済は道路会社の儲けで行われます。国が返済計画を変更しない前提なら期待している通行料収入を得るために、値上げを含めて色んなことを考えると言うことです。

なお、国交省広報課に明日の閣議後会見で質問したいと話したら、明日は質問が混んでいるので来年にしてくれと言われました。質問できましたら国の答をご披露申し上げます。

今日発売のマガジンx2月号では高速道路の現状について特集していますが、午後3時の時点で高速道路課の担当者は早速マガジンx2月号を読んでくれていました。官僚が私の記事を気にしてくれているのはありがたいことです。
通行量が比較的少ないのであれば、寧ろそうしたときにこそ、しっかりと既存インフラのメンテナンスを行って欲しいですね。日本の交通インフラは老朽化しています。笹子トンネルのような悲劇を繰り返さないためにも、メンテナンスは大切です。
大多数が節約できない固定費なんだから

売り上げ落ちたら赤字になるのは当たり前

と言うか、赤字になって何かまずいんでしたっけ?
そもそも利益を上げるような構造ではないと思うんですが。
小泉政権では、相当な資源を道路公団の民営化に注力しました。その成果を発揮するチャンスなはずだと期待したいですよね。