新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僅か2週間しかない募集期間は、「応募」への勧誘が既にあらかた終わっていることを推測させる。

なんだかんだと、理屈をつけているが、なりふりかまわない人員削減であることは明白だ。

業務の基幹である管理職を狙い打ちしているところから、普段の業務改善や組織の見直しがなおざりになっていたのだろう。

10人の管理職を減らすなら、役員を1人減らせばよい。
役員を減らさないところが、カシオの根性のなさを示している。役員の代わりはいくらでもいる。

追記
「根性のなさ」などと、ファジーな表現にしていますが、取締役の義務違反を問えないまでも、こうした経営の失敗を一部の従業員にしわ寄せすることに何も問題がないとは思えない。ガバナンス論の胡散臭さを感じるのは、このあたりに原因がある。
フリーランス協会では50代社員のキャリア自律を支援するサービスを今週リリースしたばかり。人生100年時代なので75歳くらいまで働くとすると50代でもまだ20年近くあります。この20年をどう過ごし何をしたいのか?自分のWillをあらためてとらえなおすことが大事です。
稼げる製品のなくなったカシオ。

50歳以上の管理職が対象というのは、45歳や40歳以上を対象にしている他の企業に比べれば優しいと言えるのかもしれません。

もっとも、その分圧力が強くなると、次の職場を見つけられずに退職させられる従業員にとっては厳しいですね。
この状況で腕時計を新調すること人はあんまり居ないということなのかな…
IR資料見てると色々面白いが…
https://www.casio.co.jp/media/jp_ja/ir/results/202011_219/setsumei21_2nd.pdf
未だに「希望退職者募集」というのが理解に苦しみます。

それをやってしまったら、他社が欲しがる人材から抜けていきます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
カシオも人数制限のない早期希望退職優遇制度を実施。
ーー
今回対象となるのは営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続年数10年以上の社員で、45歳以上の一般社員および50歳以上の管理職社員。
カシオといえばG-SHOCKで、規模はともかく、この路線で手堅く、と思っていましたが、厳しいですね。富士フイルムはもちろんですが、日立やソニーなどのように大きく舵をきらないと、生き残れなくなってきたのでしょうか。
企業はもちろん、私たち個人も過去にこだわっていると取り残されますね。
G-SHOCKはスマートウォッチにできる要素があるような気がするから、カシオ頑張って欲しいな。
太っ腹。カシオは好きな会社なので生き残って欲しい
カシオ計算機株式会社(カシオけいさんき、英語: CASIO COMPUTER CO., LTD.)は電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを扱う日本の電機メーカー。本社所在地は東京都渋谷区本町1-6-2。東証第1部上場(証券コード6952)。通称カシオ(CASIO)。 ウィキペディア
時価総額
4,567 億円

業績