新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ペースメーカーの手術という視点から詳しい方に話を聞きました。

一般論として、局所麻酔で1~2時間ぐらいとのことです。患者は、その日のうちから、歩いて自分でトイレに行くなど、積極的に体を動かしてリハビリします。病院によっては翌日退院というところもあるようですが、通常は1~2週間で退院となります。術後は、電子機器や強い磁力が発生する場所に気を付ける必要はありますが、まったく普通の生活ができます。

ペースメーカー埋め込み手術をうけるタイミングですが、医者から「すぐにしたほうがいい」というケースもありますが、通常は内科的治療で埋め込み手術しないで済ませる方法を優先するそうです。一方で、患者が強く要請すれば、埋め込むこともあるとのことです。

医療者側として、断る理由がなければ「手術」となりますが、術後は安定していれば、会見などに臨むことはできるのではないかと思います。すでに国会議員の職を辞されていますが、大臣経験者でもあり、国会や公の場での説明責任はあると考えます。
昨日の朝刊一面トップで、毎日新聞が「本格捜査」と報じ、NHKがけさ「事情聴取」と打ち、安倍首相の事情聴取と同時並行で、各社の報道合戦が続きます。これは河井夫妻の捜査から出てきた疑惑であり、最初から検察主導での解明が進められてきました。金丸氏の脱税事件からゼネコン汚職へと発展したような「事件が伸びる」展開は、捜査官冥利に尽きると言われます。検察のモチベーションは高いでしょう。ここに来て、政治と特捜のパワーバランスは完全に変わりました。入院が仮病だとしたら、政治への信頼はさらに下がることになります。
結局、逃げたようにしか見えない。少しぐらいは説明できただろうに。。国会議員が真剣勝負していないのに、国民に真剣勝負の3週間と言われても何を言わんやですね。。