新着Pick

「思考が深い人」「浅い人」を分ける決定的な差

東洋経済オンライン
西岡壱誠(以下、西岡):『武器としての図で考える習慣』には大変感銘を受けました。実は僕は、東大入試においても、図式化が有効だと感じた体験があるんです。僕は偏差値35から東大を目指して2浪しましたが、受…
401Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
真実は1つしか無いかもだけど
その過程や思考は人それぞれ。

「これはこうだ!」ではなく
「これはこうかもしれない」を
たくさん持ってると良いのかなって。
人気 Picker
「本質を見極めるという思考は、絶対に社会に出てからプラスになる」に共感。 単に暗記するのではなく、なぜそうなるのかを考えたり 全体像をみるクセなど 良い方法が多くの紹介されている。
分かったつもりをそのまま放置しないこと。自身の理解力を常に疑い、本当に理解しているかを徹底的に見極めるために、図に落とし込む、構造化することは非常に有益である。構造化することで相関や序列、"繋がり"や"隔たり"が見えてくる。そこにもう一つ加えたいのが、もし、XXだったらという自身なりの仮説である。もう一段、理解が深まり、第三者と議論もできるレベルになれると思う。考えたつもりになっていないか気をつけたいですね…。
思考のパターンや癖の多さが有効というのは強く共感します。
自分の切り口を持つことで、複雑な問題をシンプルな構造に分解することができますし、切り口が多ければ構造も細分化できます。
たくさんの知識を詰め込むよりも、ポイントを押さえて使える切り口を増やすことが重要ですね。
題名おかしくない?

ただ、自分の視点や切り口を持つことが重要なのは賛成。
それを鍛えるのにNPでコメントするのってすごく効果的だと思いますよ。

どれだけみんな本質を見ずにコメントされてるか、よくわかる。
「人間、同時にいくつも考えられるなんて相当な天才ですからね」とおっしゃるからこそ、凡人にも参考になる記事だなと思います
思考が深い人間て、悲観的だから深くならざるを得ないのだろ。