新着Pick
297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
23andMeを既にやった人間としては、この手の遺伝子検査で(どの程度の確度かはわからないが)先天的な病気のかかりやすさが明示されるだけで、体のマネジメントウェートを決める上で十分に役立ってる。

例えば、僕は先天的に2型糖尿病になる確率が常人より30%ほど高い。それだけ、日頃の生活で糖尿病になりにくくする習慣が重要、ということ。癌にしても、先天的に発症しやすい場所がわかった場合、意図的にその箇所だけ検査を増やして早期発見することもできるかもしれない

食品にしても生活習慣にしても、全ての病気に気をつけることなど殆ど不可能。事前に「どうしようもないリスク」を把握することで、自分のとるべきライフスタイルを浮かび上がらせるのも、遺伝子検査の利点だと思う
amazonで!
ヤフーショッピングなら無料で売れるから、営業に行かねば。
お手並み拝見だが、万一でも重要遺伝情報の漏洩や本人の認証ミスが起こった場合、そのリスクはベネッセの比ではないことは警告しておきたい。
この領域、自分的に今、宇宙と同じだけ関心あります。完全にロボへの関心以上w
リピート、アップセルが難しいだけにどう戦うのか注目。カウンセリングも医療行為とは違うので課題解決の効果が出ないと継続が難しい、とか思ってしまう。でも競争が激しくなって遺伝子検査がコモディティ化するのは良いことなので頑張って欲しいです
生活習慣病やがんリスクは、効果的な対処法を提示できないと意味がなさそう。
意外と自覚できない「肌質/髪質」は一番安く(税別9800円)、需要あるかもしれない。
既に2社の遺伝子検査受けたけど、大きなリスクはなかった私としては、そろそろ満足かな
Amazonで遺伝子検査と入れると結構沢山出てくる。違いがよく分からない。誰か詳しいお医者か誰かいませんかね。
価格競争力ありますね。やろうかな。
これから流行っていくんだろうけど、色々整備すべき課題も多い。究極の個人情報と言われるけど、遺伝子情報は親兄弟も類推できるので個人情報の枠を超えてるし。
将来就活などの選考時に遺伝子検査結果の提出を求められて、それにより合否判断される(疾病リスクの少ない人を選ぶ)なんてことも考えられる。
最初に提携する保険会社はどこになるか。
期待と、正直進みすぎた科学に疑問を持っています。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績