新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
夢物語が得意な国沢氏の記事

2020年も終わりの現在、
試作レベルで充放電特性はリチウムイオンに完敗。
デンドライトによるショートの危険性もある。
とりあえず使い物にならない。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/09337/

どう見てもコレで2022年にリリースはあり得ないでしょう。

全固体電池に張ってる自動車メーカーの手前、言えない?
記事内容はまあいいが、トヨタは全固体に「全集中」などしていない。無理に流行りに乗ろうとするのはむしろ不快。
全固体電池が完成したという話はまだない。

全固体電池が実用化すれば、車どころではない、ありとあらゆる電気製品が活性化する。変動の多い自然エネルギーも充電池の使用で解決できる。

待ち遠しい。

自動車はどっちにしてももう駄目だろう。自動車を持ってすぐわかるのは、自動車より高い駐車場料金だ。これでは、車がいくら良くなっても、車なんて所有できない。解決策はない。今後は、レンタカー、シェアリングカーで生きていくしかないね。実際、トヨタの販売先は、レンタカー、シェアリングカーが、一般ユーザーよりも多くなったそうだ。
全固体電池のEVかPHV、自動運転レベル4以上、再エネが安い晴れた昼間などに充電できる制御と電気料金メニューが揃ったら、車を買ってもいいかなと思います。
この記事の予定通りにいくかは分かりませんが、ちょうど僕の買い替え時に重なりそうな気がします。
人柱フラグでしょうか。

そういえば2008年ごろ、これからはハイブリッドじゃいとプリウス20型を買った時は馬鹿だアホだHEVなんぞ流行る訳がない、2、3年で電池がぶっ壊れるに決まってる等と散々貶された記憶が。
記事の通りのパフォーマンスなら、Honda eくらいの大きさでも割と走れそう。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.1 兆円

業績

時価総額
68.6 兆円

業績