新着Pick

「コロナ疲れ」を回復させる強制リセット術

東洋経済オンライン
こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。感染拡大が伝えられるなか、忘年会やクリスマスなどのイベントも自粛し、本来の華やかさを楽しむこともできず、おうち時間を…
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年は長らくニュースや記事もコロナの内容で、オンラインワークでの人とリモートでしか話せない難しさがありました。
記事に書かれているように、ちょっとしたところでモヤモヤを人に話すことで、個人の枠の中で考え込んでいた気持ちを変えるきっかけは大事だと思います。
でもなかなか雑談もしづらいなかではあるので、自分で能動的に外に働きかけることができる人はいいですが、今年の雑談時間は圧倒的に減ったかなと思います。

弊社でも何か気持ちを切り替えるきっかけがないかなと思い、個人個人で思うちょっとした身近な幸せを双方で共有しあうことを実施しました。幸せに感じることは人によってレベルも対象も異なりますが、人の身近な幸せ写真やコメントを共有しあうことで、気持ちが少し軽くなる方多かったのではと思います。人の生活が少し垣間見え、雑談していなくても、人と繋がっているような感覚になります。
一年がコロナのトピックですべて埋め尽くされそうなときに、こういうきっかけ作りを増やしていこうと思います。
新型コロナの影響をネガティブに解釈したらそれまでです。
ネガティブにみえる出来事をいかにポジティブに捉えられるか。
それは各自の考え方スキル次第なので、ネガティブな面ばかりに意識がいく場合は、それぞれ書き出してみてもよいかもしれないです。
シンプルな記事ですが、家に閉じこもっていると心まで凝り固まって行く気がして個人的に危機感を感じています。感情を解放する方法、私は韓国ドラマをみることか音楽を聴くことなのですが、他に何かあるのかな?
他のユーザーの皆様のアドバイスを聞いてみたい案件です