新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ベイシアグループ内でそれぞれ異なる業態ではあるが、顧客が同じであるので、出店する際に駐車場を囲む形で衣食住をそこですべて賄えるような村を作って頻度を上げることによってグループでてこの原理を効かせれるような非常に良い形ではないかなと思う。
人気 Picker
「商業の工業化」という言葉が興味深い。マスに売り、業態システムとして拡大するには、工業化というかプロセスが必要。多くの企業・業態は拡大していく中でそれがうまくいかずに拡大しきれない。
ベイシアについては、地方部で物流を武器にというのはWalmartもそれで強みを持っている。小売は品切れせずに、一方で在庫も積みすぎずに効率的・効果的にできるかが重要。物流システム(そしてそれを支える情報システム)やそのドミナンス含めた効率が超重要。
グループ売上1兆円というのは、小売りで言うとイオン、セブン、PPIH(ドンキ)、三越伊勢丹に次ぐくらい。今年は百貨店厳しいから来年は4位になるのではないだろうか?
株式会社ワークマン(英語: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。 ウィキペディア
時価総額
6,433 億円

業績

ベイシア(アルファベット表記:Beisia)は、ベイシアグループの中核をなし、群馬県前橋市亀里町900に本部(本社)を置く株式会社ベイシアが運営するスーパーマーケット。北海道を除く東日本を中心に店舗を多数展開する。 ウィキペディア