新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポンサーは 米系企業では、ジェンダーには関係なく制度としてあり、キャリアデザイン・社内公募の際の大きなサポートとなった。
メンターとは違うロール。 女性だけでなく多くの人にこのような機会があるといいと思う。
女性管理職を増やさないといけないのはわかりますが、こういうサポート女性側にしかなく男性に対してないのであればそれはそれでアンフェアにもなりますね。
マイノリティの理解が未だに低い。

前例がない立場の人は、前例がある人よりも力を出しにくいのは絶対。

女性管理職は、無理やり増やさないと増えない。
>制度を取り入れる企業の担当者は「女性管理職が自然に増え、制度が不用になるのがゴール」と口をそろえる。

女性登用のための一時的な制度として捉えれば、制度の廃止がゴールになりますが、後任の育成を管理職の重要な仕事として位置づけるのであれば、「スポンサー役員」制度は、人材育成の機能として性別に関係なく有効な制度です。
意識して女性にスポンサー役員をつけなければ登用できないところに問題があるので、組織としての認知を変えることが大切だと考えます。
優秀な女性にしっかり管理職になってもらうためにこういった仕組みがあればいいのかなと思います。そして、家事育児を担う男性社員も働きやすい環境を作る。両輪かなと思っています
スポンサー役員による動き