新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
通信品質が落ちない大手キャリアサブブランド出揃う。
従来のMVNO利用層はMNOの楽天に飛び付き、その後楽天の品質に嫌気がさして大手キャリアサブブランドへ。

エリア内の繁華街でも頻繁にauローミングとハンドオーバーしてる状況じゃ、正直楽天をメインで使うのは辛い。

来年MVNOは草刈り場になりそうな予感
海外の状況を見ても、MVNOがどの程度広がるかはかなりの程度、国の通信政策の関数です
日本でのMVNOは、携帯料金下げの政策として当初は推されてましたが、その後はその役割は②キャリアのサブブランド→③新キャリア参入(楽天)→④本丸のキャリアの料金プラン改定という形で移ろってきています
ある意味、①〜③は梯子を外されたブラザーズですが、その長男がMVNO、ということでしょう
MM総研が発表した数値で見ると、

前年同期比で約130万回線増加。
楽天モバイルは37万回線減少
UQモバイルの契約数は32万回線増加(契約者数は約258万回線)。

2021年3月末に、UQと楽天を除くMVNOで4月〜9月の増加率を維持(約150万回線増加)出来ても、UQと楽天のマイナス(楽天を40万回線減少と仮定して)で全体としては10%の減少。

MVNOが減少傾向にあるかを判断するには、来年4月以降の増減を見ないと判断出来ないと思います。
私もMVNOからサブブランドに変わっていますし、来年はahamoかも。まぁ、サブブランドやauもSoftbankもahamoに近いプランを出してくるでしょうから、そのときに一番お得なブランドやプランに、切り替えているでしょう。楽天モバイルは、無料なら、2回線目のモバイルWiFiの契約はあるかも。
今の活用シーンを考えると、WiFiだけでもなんとかなりそうなので、誰かが、それを考えて、今のSIMの世界をディスラプションすることを狙いそうですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
契約数減少の要因として、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)参入と、KDDIによる「UQモバイル」事業の統合で、契約者がMNOに吸収されるためと分析。
ドコモの動き、政府のメインブランドで携帯料金を下げるような指示を考えると、今後もこの流れは続きそうな気がします。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.14 兆円

業績

業績