新着Pick
935Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1万字という長文でインタビューいただきました
今年を振り返るとコロナというワードは外せないと思いますし、自分達も相当ダメージを受けました。しかし、これを機に経営者として成長できた自覚もあるのでこれからも貪欲に成長しながらタイミーの価値を世の中に広げていきたいなと思います。
引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
ウーバーイーツの配達員のような働き方は、なにもフードデリバリーに限らない。それが「新しい自由」なら、あらゆる業界へも拡張できるのではないか。

そういった新しいギグワーク市場を創ろうというタイミーの小川さんは、弱冠23歳の起業家です。もっとも、ギグワーカーからの搾取は、世界的に問題視されています。だからこそ気になるのは、彼の「思想」でした。

ロングインタビューで、気鋭の経営者の「頭の中」に迫ります。
現状は、アルバイトの領域ですが、これが正社員間(副業・兼業という形になるのかもしれませんが)でも出来るようになるといいな、と思っています。
既に「タイミーの利用者は、会社員が3割、主婦が3割、フリーターや学生が3割」ということなので、遠からず…なのかもしれませんが。

日本でイノベーションが起こりにくい一因として、「終身雇用による人材の膠着化」があると思っています。
先日「パラレルプレナー」という言葉を聞きまして
“パラレルキャリア(複業)で得たものを活かして、イントレプレナー(社内起業家)として本業でも新しいことにチャレンジしている人 ”
という意味らしいのですが、まさにそのような感覚です。

コロナの影響で各社が副業を認め出したり、先日もビザスクさんが社外役員マッチングサービスを始められたりしていますが、社員・役員クラスともに複数社の仕事に携わり、異なる文化がミックスされていくことは、有益だと思っています。

ある意味私たちコンサルタントの仕事は、「自分の持っている専門知識を、複数社に提供する」ということなので、競合するような方たちが増えてくることになるのかもしれませんが、それによって人材の流動化が進み、私たちコンサルタントもプロフェッショナルとして存在価値を維持するために更に鍛錬していく事になるのであれば、良いことだと思っています。

人材の流動化が進むと、「選ばれる企業/人」とそうでない企業/人、というものが出てきてしまうので、常に自分の成長への意識や、企業として自社の魅力付けが重要になる、という良い相乗効果が生まれるのではないかと期待しています。
素晴らしいインタビュー。個別に抜き出して参照する必要はなく、全て読んで「それが全て小川さん」という内容。小川さんの素晴らしさも経営者や個人としてのスタンスやものの見方も滲み出ている。ビジネスモデルではなくて、物の見方や人間性にこそ、本質が宿っているのだと思います。
派遣もギグワーカーも企業と働き手の期待値がズレた瞬間に「搾取」に変換される。本来は多様な働き方の選択肢として自ら選んだのに期待値がズレ続けると衝突が起きるのだけど従来の企業は特に派遣の意見反映や意思決定への参画機会をつくるのは難しかった一方で、プラットフォームはITを活かしてユーザーの意見を反映させたり取り入れていくことがしやすい。AirbnbもIPOを機に企業のガバナンスにホストの声を反映するホストアドバイザリーボード設置やホスト発のアイディア実現に向けて株式を提供する試みなどはじめていますがその側面からワーカーと共創して市場をを創っていく姿勢に期待しています。
記事を拝見して感じたのは、やはり「貪欲に好奇心を持つ事が、あらゆるビジネスチャンスに繋がる」ということです。

ご自身がコンビニのアルバイトに行き、現場で不便性やニーズをしっかりと聞き込み、次のビジネスチャンスへ繋げて生かしていく。全ては「好奇心」から生まれる事が、日々の仕事でもたくさんあります。
タイミーのモデルの革新的なところは、雇用主もはたらく人も対等な立場でコミットメントをしているところ。
どちらかの「力」が強いと、その力に依存してしまう人が出たり、力を乱用してしまう人が出たり対等な関係になれないことが多い。
タイミーは「たまに働いてもらえばいい雇用主」と「たまに働ければ良いはたらく人」というところにおいて利害がうまく一致している中で、うまくそのたまにに必要な要素が満たされた仕組みになっている。

フルタイムの雇用においてはなかなか、依存関係が断ち切れないのが現状だ。
できるだけ長く働いてもらいたい雇用主と、できればもっと良いところをと探している優秀なはたらく人 
相性が良くないので関係は断ち切りたいかも雇用主と、他の場所で探す自信がない労働市場で不利な立場にいるはたらく人

自立した対等な立場でフルタイムの仕事が成り立つためには
もう少しまだ仕組みの工夫が必要だ。
以前も小川さんの話は面白いと思ったし、このお試し的な発想から正社員とかにつながっていくと可能性があるとは思っていてあまりネガティブコメントしたくはないのですが、2020年のギグワーカー関連の事件を踏まえるとやはり性善説に立ちすぎてはいけないと思います。いくら評価がつきまとうとはいっても、悪用されないよう気を付けてほしいです。
藤田さんのアドバイスがめちゃくちゃ染みますね。
けどこの年齢で藤田さんやメルカリ小泉さんたちと経営の話ができることこそ今のスタートアップコミュニティの成長を表してるんじゃないかなと思いました。
タイミーさん、当社でも大変お世話になっており、年末年始のこの時期もフル活用させて頂いてます。小川さんも回答されてますが、ユーザーさん起点でサービスを考えられた原体験が今の支持に繋がってますよね。企業側が選ぶ目線でつくられたサービスではなく、ユーザーさんにとっての価値提供を磨かれているところが、結果として企業側にとっての価値にも繋がってますよね
この連載について
独自の感性と能力で、他人とは一線を画したキャリアを形成するトップランナーたち。混沌とする2020年代を、どのように生きようとしているのか。彼らの「人生戦略」に迫る。