新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日の文科省・経産省・総務省・経団連を交えた超教育協会のシンポでも本件が話題になりました。
評価や選抜が一発勝負の入試から日々の学習履歴に移るのは世界的な流れとなります。学習データの蓄積と利用を進めることは、PC一人一台など学校デジタル化の次テーマです。マイナンバーとの紐付けも重要な選択肢。
ただ、それを学校や自治体や国が管理するイメージ(ないし誤解)が広がると、懸念が先に立って動かなくなる。データはあくまで本人のもので、学生・保護者が使い方を管理できるよう設計することがカギです。そうすればムラのある人もムラを有利に使える。

本件への反発・批判を見ていると、10年前にデジタル教科書を唱えた頃に受けた反発を思い出します。
授業が画一的になる。先生が要らなくなる。読まなくなる。少し考えればバカげた意見と気づくはずだが、教育分野の学者や文科大臣などからもそんな意見を受け、この漠然とした不安感を解くための説得に何年もかかりました。それが日本の教育デジタル化を遅らせ後進国に沈めました。
学習データ利用も、仮によい設計がなされたとしても、コンセンサスを得るのに時間がかかる気がします。
「現在はデータの伝達方法を考えている段階で、具体的な情報の扱い方などは未定。全ての子供を対象にするものではなく、希望する家庭や学校のみが使えるようにするとしている。」もう、すべてにおいて半端で、結局だれの役にも立たないものになってしまうようで恐ろしいです。エビデンスのベースとなる研究、ひいては国民のウェルビーイング向上に役立つデータを期待しますが、希望者のみではセレクションバイアスがかかるので、そこから得られるエビデンスの有効度もぐっと下がります。
私達は自分が思っている以上にデータバイアスを持ちがちです。中学校の先生が小学校の成績を見て、こいつはできるやつだ、できないやつだと容易に判断できてしまうのはあまりよろしい状態ではありません。
結局データは使い方ですべてが決まるので、学習ログとして残していくことには賛成ですが、それが個人の能力判断に使われてしまうのはちょっと怖い。教師が子どもの限界を無意識的に決めてしまうことを冗長しかねないからです。
"希望する家庭や学校のみが使えるようにするとしている。" となると利用普及は難しそうですよね。転向をユースケースとすると、現在の在籍の学校と転校先があるわけなので、両方がこの仕組みを使わなければ便益が受けられないとなると、マッチングの確率は低くなりますよね。

一元化でつなげる議論の前に、やはり、現在の学校のDXにおいて、データの互換性をどう持たせるのか、そもそも学校の記録としてとるべき情報というのは、これからの教育を考えたときに今まで通りではなくどういうデータを考えるべきなのか、ということをきっちり精査してから最終的にマイナンバーなり何かでデータを互換させる方法につなげていくべきだと思います。

アマゾン時代に様々なフォーマットのデータを扱うことも経験しましたが、データの定義、取得方法、表示形式など、万が一バラバラだったとしたら互換性をどう持たせるかというのは非常に大きな研究プロジェクトです。拙速になるよりは、世界の知見も踏まえて小中高大で積み上げて記録すべきことというのは何なのかを考えるいい時期なのではないでしょうか?

また宮島さんのご指摘のポイントはとても重要で、データの一元化をすると並行して教員の再研修や、教員自体のデータを学習活動にどう活かしていくかについても学ぶ時間がないと、いわゆる教科の成績の良い子どもと、そうでない子ども達の格差が開く可能性は否めないと思います。
小中学校自体の成績って、大人になった今必要かというと、全く不要。卒業したという履歴だけで十分かと思う。これは学歴詐称を防ぐという意味では大学、大学院修了などの学位に関連するところかもしれない。

成績というよりも、履歴としてあったほうがいいと思うのは健康診断くらいか。お薬手帳や母子手帳的な感じになるけど、病歴とか予防接種、処方された薬の履歴とかはあってもいいかも。
Classiに関してはセキュリティ対策同様、個人情報保護だけでなく、プライバシー対策も十分に議論してほしいとおもいます。

Classiの不正アクセス事件
https://foxsecurity.hatenablog.com/entry/2020/04/21/090000
個人的には、嫌すぎるシステムですね〜。

ただでさえなくなっている親の権威が、いっそう失墜してしまいそうです(汗)
エビデンスベースの教育システム作りに使ってほしいですね。公立教師はタダでさえ生徒いじめを福利厚生とした理不尽強要がされてるので、評価者データも残してほしいです