新着Pick
755Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ハマるかどうか、向いているかどうか、適応できるかどうか、ではなく、そうしない限り企業の方が潰れてしまうという所に来ている。メンバーシップ型は、非情報社会の経済成長を前提とした仕組みであり、成熟した情報化社会においてはもはや機能しないことは1995年以降のGDPの成長率をみれば明白。
人気 Picker
日本企業にハマるのか?ではなく、どうやったらハマるのかを前向きに検討すれば、日本企業の良さも取り入れた「ジャパニーズジョブ型」が創れるのでは?

ジョブ型は、企業にとっても社員にとっても、非常にわかりやすい仕組みです。会社のビジョン達成のため、各部署と個人のゴールがしっかりあるため、個人の成長も促しやすいです。なにより自分の意見や提案が上に通りやすい風通しの良い企業文化へ繋がります。

さらに、複数の部署で「共有ゴール」も設定もすると、他部署との連携やチームワーク向上にもなり、非常に効果的です。

自分がどうありたいか、人生の目的と、企業のビジョン、さらに個人の目標まで繋がることは、至福の喜びにつながります。色々失敗や経験を重ねた今、強く思います。
日本企業にジョブ型はハマるのか、ピョートルさんとアデコの川崎社長に伺いました。ジョブ型が一般的な欧米企業とメンバーシップ型が一般的な日本企業では何が違うのか、一部メンバーシップ型の要素もあるGoogleやNetflixと日本企業は何が違うのかなど、わかりやすく解説しています。

それから、すごく重要な「個人の生き方改革」の重要性と、なぜ日本人が「どう生きたいか」を考える文化が薄いのかも解説。ライフビジョンを持つと人生のチャンスが増えるそうです。2021年、どんな生き方をしたいかを考えるきっかけに、ぜひ!
欧米へのジョブ型の誤解も多く、日本ではなんちゃってジョブ型、及びジャパニーズジョブ型で進行していくと思います。
日本社会には、年長者や先輩が上のポジションにいる方が「しっくりくる」というインフォーマルな決まり事があります。

それが「年功序列」を支えてきたのでしょう。

一気に「ジョブ型」に変えようとすると、この「決まり事」というか文化を根本的に変えていかなければなりません。

それを、一つの組織内でやると歪みが出るような気がします。

厳格すぎる解雇規制を緩和・撤廃して人材の流動性を高めれば、「ジョブ型」の導入も容易になると思います。
ジョブ型から外れた人材と一緒に働きたい^o^
この連載について
アデコグループは、60を超える国と地域で事業展開をする総合人財サービス会社です。変わりゆく仕事の未来や働き方(Future of Work)に応じて、世界中の人々を支援し、動機づけ、共に成長していきたい。それが、アデコグループの考えです。これからの仕事や働き方についての情報をお届けします。