新着Pick
533Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分と他人を分ける小さな違いを見つけ出すことは生き物の自己保存本能であり、違いを見つけたら必ずそこに好悪の感情が生まれる。という研究者のインタビューを我々のサイトで紹介したことがあります。

「差別はいけない」は、ほとんどの人が理解していることですが、このインタビューを読んでから、人間は意識の中から差別の感覚をゼロにはできないのではないか、と思うようになりました。だからこそ大切なのは「なぜ差別はいけないのか」「日本に在日コリアンの人が多く住む現実はどういう歴史から生まれたのか」といった、一歩先の問いを自分に向けてみて、考えること。その先に「異なる存在に対する排除の気持ち」が「異なる存在があることは豊かなことだ、という気づき」に転じる時がくるような気がします。

(参考)
「犬や猫にだって差別がある」と言う研究者 それは生き抜く本能だから
https://globe.asahi.com/article/13960710
先日話題になったNIKEのCMの時は、日本にはかような差別はないという意見がSNS上で結構見られた。

現実には、このようにド直球の差別がはっきり存在するわけだ。そういう差別は社会的に許されない、立ち向かっていくべき対象であるというNIKEの企業姿勢は妥当であると改めて思った。
2年前の共著「フェイクと憎悪」でこう書いた。

「ヘイトがフェイクを拡散させる味付けになり、そのフェイクが社会を分断し、異なる「陣営」に対するヘイトを生む。フェイクとヘイトの負のスパイラルだ」

ヘイト言説の多くにはその根拠にフェイクが混じる。つまり、意見としておかしいだけでなく、根本的に間違ってることが多い。
NIKEのプロモーション動画が炎上したわけですが、こういう人がいるからこそNIKEは正義に訴えたんですよね。

NIKEのときの炎上といい、この会長といい、日本人として恥ずかしいです。

人の心の痛みのわかる人間でありたいと思います。
何故これを書いたのか、何故いまだに閲覧可能にしてるのか、理解に苦しむ…
この問題を見て、だから日本人は、と人種全体に広げて考えたなら、既に自分の中に人種差別の意識があるということに気づいて欲しい。

この問題を例に、NIKEのCMが日本にある差別意識を表現したという意見もあるが、差別意識があるのは日本だけではない。その事実を考えず、悪例かのように扱ったことは日本に対する逆差別を煽ったといえる。(その結果がこの問題に対する、だから日本人は発言。)

全世界で同様のCMをそれぞれの国から発信したなら、その真意を示すことができたと思うが、果たして全人類に対して平等に人種差別意識を無くそうとしていただろうか。

現実問題として、国や人種という概念が存在する以上、誰しも多少の差はあれ差別意識を持っている。

その意識を表に出す出さないということや影響力の違いに個人差があることがこの問題なので、この問題を例に「日本人は差別的人種」という発言が出るなら、それはDHC会長と根底は変わらないのではないだろうか。
ありあまるお金を政治の世界に注ぎ込み、それがうまくいかなくなると自社でメディアを立ち上げ自分の意見を喧伝する。

まあそこまでならともかく、たいした根拠もなく他社の商品までめちゃくちゃにディスっているだけでなく、日韓関係にも少なからず影響するでしょう。始末に負えません。

実際に在日ということで苦しんでいる人はいる中で、この差別用語は吐き気を催すほどひどい。
人の気持ちが分からない人が健康食品を良心的に売っています…と言われても信じられません。不買運動は当然です。
言論の自由の範疇かもですが、これを載せるという企業体質に閉口。
公開する前にチェックするような体制はなかったのか。

過去にも差別的な発言があったのだから、周囲がチェックするような体制があればまた違ったと思います。差別意識を持ってしまっている人は仕方がないとしてもそれを出すのは何もいい結果を産みません。
再犯で、過去の件も未だwebで閲覧可能な状態…DHCの経営陣のリテラシーを疑う案件ですね。

発言しているのが、一個人のブログやSNSではなく、企業の会長としての立場の発言ということが、大きな重みがあると思います。

DHCの広報部門は、この内容で問題ないと判断したのでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません