新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホやPCが情報世界との接点である現状の次は、よりマルチモーダルなデバイスを組み込める実空間側の、より没入環境がつくれるデバイスが接点になる。そういう意味で住宅や建築と自動車はスマホの次のハードとしてのプラットフォームで、それらを統合するより複合的な環境としての都市がさらに上位の統合環境ということになっていく。モノと情報を接続するには、現在のチャンネルは狭すぎる。

おそらく百度はそこには気づいているはずで、極論すればこれはマルチモーダルな接点開発の動きであって、長期的にはその走行性能は二次的な性能として割り切って、むしろ自走しないマルチモーダルな没入デバイスとしての設置型ポッドをいろいろな場所に設置する方向に(それはリモートの運転席もしくは多様なデバイスの入力端子になる)進んでいくはず。

マルチモーダルな制御が可能になる世界では、全部盛り高精度のハイエンド接点から低精度ローモーダルな汎用デバイスまで、多様な選択肢が多様なデバイスで分散的に使い分けられるようになる。現存するスマホやARデバイスではハイエンド接点にはなり得ず、これから新しい領域の開拓がはじまる。入力端子と移動端子が一体である必然性はもう無い。
2017年頃には中国の自動運転領域で、BoschやBMW、Nvidiaなどとの連携も含めて一番注目をされていたと思うが、すっかり下火になった印象。
製造といっても記事を見るとあくまでブランド、生産は広州汽車など。中国全体のモビリティのなかで、既存プレイヤーやスタートアップと含めて、どういう位置づけになっていくのだろう。
https://newspicks.com/news/2351285
長年自動運転に研究開発を投入して
いずれ電気自動車をつくるだろうと思われた。
今後、ITプラットフォームによるモノづくりも多くなるのではないか。
投資、とくに新産業への投資はITプラットフォームはかなり積極的。
日本にもヤフーなどのITフラットフォームがあるが、モノづくりへの投資はぜったいにしなかった。
阿里巴巴と腾讯が、各々ECとゲームという主力のビジネスを持っているのに対して、百度はそれがないことが弱みでした。

そう考えると、EVを主力のビジネスにしようと考えても不思議はないですよね。ただ、パートナーが必要だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
百度と言えばLiDARの大手サプライヤーであるVelodyneにもFordと一緒に2016年頃に共同出資していた。
自社ブランドカーか。電気自動車になってハードのコモディティ化が進むとこういう動きも出てきそうだけど、結局、Baiduとかはアプリレイヤーで勝負という気も。コネクテッド/シェア/自動運転が進むと、自社ブランドカーを持つという意味もあるのか。

「自社ブランドの電気自動車の生産を検討している。すでに複数の自動車メーカーと協議したという。」
百度が自社ブランドの電気自動車の生産を検討しているそうです。「電気自動車の委託生産のほか、自動車メーカーと合弁事業を設立し過半出資することを検討中。自動車大手の浙江吉利控股集団、広州汽車集団、第一汽車集団の「紅旗」と予備的な協議を実施したが、決定には至っていない」

自動運転車についてはアポロというものがすでにあるようです
中国バイドゥが目指す、「格安・高性能な自動運転車」の普及(Forbes JAPAN、10月04日)
https://newspicks.com/news/5275486
ソフトウェア制御が中心になって部品点数が減って、すり合わせ技術が必要なくなってくると、こういう従来の自動車メーカー外のプレイヤーがどんどん参入してくるし、走るほど走行性能や自動運転性能を、上げることで顧客経験価値を高めるような取り組みが普通になってきますよね。
まさに異業種競争ですね。
元々自動運転の研究とかを行っていたので、いつか手を出すんだろうと思っていました。
百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア

業績