新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
白石被告とは、TBSテレビ社会部の記者が拘置所内で面会取材を続けています。判決公判当日の今朝も、白石被告は面会に応じました。

https://youtu.be/zK_amRQohBw

判決の日を迎えたことについて、白石被告は「特別な日ですが、何も感じなかった」と緊張した様子もなく、淡々と話しました。これまでの裁判については「遺族の憎しみの声を聞くのは、とても辛かった」としつつ、「裁判では言いたいことは全て言ったので、思い残すことはない」と心境を明かしました。

また「激しい痛みを感じるので嫌ですが、死刑になることを覚悟しています」と話し、控訴せずに判決を受け入れる姿勢を示したということです。

これまでの白石被告の裁判について、記者の【傍聴記】です。
法廷画家による、イラストとともにまとめました。

https://youtu.be/208HewU-HpA (初公判)
https://youtu.be/WLnYYZe4iKk (第2回)
https://youtu.be/-Vlo59y0Q_w (第3回)

https://youtube.com/playlist?list=PLhoNlZaJqDLZFjeK8ZEipfa7D4LkQq2cv (座間事件 裁判)
SNSでのやり取りからの犯行で、犯行の場所も被告の自宅であることから、凄惨極まりない事件であるにもかかわらず、現実感が今ひとつ社会に共有されていないのがこの事件です。これまでの連続大量殺人は、様々な犯行現場や被害者の生前の姿がリアルに報道され、その凄惨さが社会に深く共有されてきました。その意味で、とても残念であり、違和感があります。被告の現実感のない法廷の言葉といい、現代を象徴する事件だとも言えます。ただ、この事件にアメリカのツイッター本社が衝撃を受けたと聞いています。この事件を機に犯罪に利用されないための取り組みも始まりました。被害者の御霊に報告できる数少ない前向きな出来事かも知れません。
公判で被告人自身がしゃべっちゃったのですから、弁護人としてはどうしようもありません。

責任能力についても決着が付いているのでしょうし・・・。
多くの人がそうだと思うが、この判決以外は思い浮かばない