新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
テック企業の競合がデータの活用で議論されている中、アップル自社のビジネスモデルはデータに依存する分野が少ないため逆に透明性を前面に出していますね。アプリ開発者との関係は人気ゲーム「フォートナイト」運営者などから30%の手数料が高すぎるという批判を受けて、一部15%に下げるという処置がされていますが、同時にどのアプリが何のデータを使ってるかの確認はアプリ開発者への負担をさせるとも穿った見方で読み取れます。これまではアプリストアでの審査さえ通ればアップルが利用者の信頼を勝ち取ってアプリにデータ活用をさせていたところを、今後はアプリ開発者自身がきちんとアピールしないといけない様になりそうです。
人気 Picker
今年6月WWDCに公表されて注目&話題、先週12/8から義務付けされています。以下のようなデータ以外は「デベロッパは、Appのプライバシー方針に関する情報(サードパーティパートナーのコードをAppに組み込む場合は、そのパートナーの方針も含む)をApp Store Connectに提供する必要があります。」というルール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下の条件をすべて満たすデータの種類の場合、その開示は任意となります。
1)当該データがトラッキング目的で使用されないこと。つまり、広告や広告効果測定を目的としてデータがサードパーティのデータと紐付けされたり、データブローカーと共有されたりしないこと。詳細については、「トラッキング」のセクションを参照してください。

2)当該データが、サードパーティの広告、デベロッパの広告やマーケティング、またはその他の目的のために使用されないこと(これらの用語は「トラッキング」のセクションで定義されています)。

3)当該データは、Appの主要機能の一部ではなく、かつユーザーにとって任意の、頻繁に発生しないケースに限定して収集されること。

4)当該データはユーザーがAppのインターフェイスの中で提供するものであり、どのようなデータが収集されるかがユーザーにとって明白で、ユーザーの名前やアカウント名が、送信される他のデータ要素と共に目立つように送信フォームで表示され、ユーザーは収集のためにデータを提供することをその都度積極的に選択すること。

・Appから収集するデータの種類が、上記の条件の一部を満たしているものの全条件を満たしていない場合は、そのデータの種類をApp Store Connectで開示する必要があります。
・開示が不要になりうるデータの例としては、Appの主要な目的と無関係であり、上記の他の条件を満たしている、任意のフィードバックフォームやカスタマーサービスのリクエストを通じて収集されるデータがあります。
・明確にするために付記すると、ユーザーの許可の初回リクエスト以降に継続的に収集されるデータは、開示する必要があります。

参考)アップルの日本語の説明
https://developer.apple.com/jp/app-store/app-privacy-details/
Webと同様、アプリでも個人情報利用が厳しくなってきましたね。
個人情報利用の開示は当然の流れだと思いますが、一方で事業者側としてはFacebookが反発しているように広告ビジネスを生業としている事業者は正確なターゲティングができなくなりビジネスの母体を揺るがしかねない大きなニュースなのではないかと考えています。
個人情報の取り扱いはどんどん敏感になってきている。
消費者から選定できるのはよいが、まだまだリテラシーが低いところもあります。

本件は広告出稿などでパーソナライズしたい企業が打撃を受けますね…
すでに周知されている話ですが、運用が具体的になってきました。拒否する事によるデメリットはユーザー側にはほとんどないので、同じ精度のターゲティングをするなら劇的に配信可能在庫は減るはず。どのプレイヤーの在庫がどのくらい減るのか?
"利用者にデジタル広告向けデータの利用に関して通知を義務化することについては、フェイスブックなどの企業が反発。多くの広告主は、新たなルールを受けて利用者が個人データ収集を拒否するとみている"
(再掲)アップルのルール変更は、毎度ながらアプリ開発会社・アプリ提供会社に大きな負担をかけていると感じます。一方、個人情報の取り扱いに関しては、EU、アメリカなど世界各国で共通するような基準が定まっているわけではないと聞いています。アップルが先手を打った印象がありますが、すでに国を超えてサービス提供しているプラットフォーマーが、結果的にグローバルの基準をつくると受け止めました。
これは必要な措置でしょう。

アプリ経由で個人情報が不正に取得されたり利用されれば、デバイスを提供しているアップルの責任も追及されます。

統一ルールを設けることで、個人情報を守る義務がアップルにはあると考えます。
例えば、FBアプリの広告で化粧品の広告をクリックすると、他のアプリでも、似たような化粧品の広告が増えます。
→逆もありますが

私が本当に化粧品を探しているのであれば、まだ良いかもしれませんが、実は、私は化粧品の購入時のカード決済に関するUIを確認することが主たる目的だったりする訳です。

こういうピンぼけが積み重ねると、結構ストレスだったりします。

個人情報利用も今のレベルだと結構限界だなと感じることが多いです。
マーケティングを仕事にしている人から言うと、2つに分けられる。一つは個人情報をとるのが大変と思う人。もう一つは顧客に振り向いてもらえる価値を作ろうとする人。どちらが生産性が高いかわかるはず。
Googleがどちら側に寄るか分かりませんが、現行並みの個人情報利用であれば、iOSとandroidで分断されていくのでしょうか。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
222 兆円

業績