新着Pick
3834Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日から5日間、脳を探求するサイエンスの世界をご紹介します。

近年の飛躍的な進歩の裏には、「光遺伝学(オプトジェネティクス)」と呼ばれる革新的な技術の登場がありました。記憶や感情の「操作」すら可能にするその技術の凄さや面白さを少しでも感じて頂けたら嬉しいです。

また、AIによる機械学習で脳の活動を「解読」したり、デバイスを埋め込んで「拡張」しようとしたり、といった研究も進んでいます。取材しながら、こうした技術がさらに進展し、「実用化」されたらどうなるんだろう、と考えずにはいられませんでした。
脳科学の領域、ずっと興味があります!
PwCにも、今年脳科学者の方がJoinされて、色々と新しいソリューションを開発中です。

先ずは、日本発の国際標準規格である、脳の健康状態を示すBHQ(Brain Healthcare Quotient;脳健康管理指数)という指標を用いて、認知症へのアプローチなども考えられます。

脳科学の領域は、倫理的な側面と相まって、先ずは認知症領域(人生100年時代と言われる中で、心身ともに健康で長生きする為に)、次いで個人の脳の特徴(どの機能が強いのか等)にまで拡げていけたら、と思っています。

ちなみに、脳科学者のメンバーが言っていて、すごくいいな、と思ったのは
「遺伝子は変えられないけれど、脳は鍛えればまた元気になるので、そこが面白い」
とのこと。

Brain-tech領域、この先数年は個人的に興味関心の中心にありそうです。

https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/column/technology-driven/technology-lab-insight03.html
NewsPicks編集部によるシリーズ記事第一弾。歴史から最先端技術まで網羅。うちの学生さんに読ませたい!
良い特集ですね。

僕は、脳xAIの時代になると考えてます。
今まではAIのキャリアを歩んで来ましたが、いまは脳科学を学ぶために理化学研究所の講座を受けてます。近年急速に脳の理解が進んでいる、それでも未知の部分が多い、まさにフロンティア。

一方で、いまの社会は、その脳科学の進化を活用しきれておらず、20世紀の理解のままであるとも感じます。ぜひ、21世紀へのアップデートをこの特集に期待します。

ちなみに、ニューロンとシナプスの歴史で触れられてない面白いエピソードがあります。
当時、ニューロンの可視化に成功したゴルジ氏は「ニューロンは物理的につながってる説」を主張し、一方でカハール氏は「ニューロン間にはシナプスの隙間がある説」を主張してました。そして、勝ったの後者のカハール氏でしたが、その証明に敗者ゴルジ氏の検出手法が使われているのです。(2名でノーベル賞をとったが、受賞の場でも論争してたとか)
脳の科学者であっても、先入観があると発見につながらないという大切な教訓です。

=参考=
脳科学塾ルポ〜入塾審査に合格
https://note.com/ray_30cm_ns/n/n518e12d7ec5d
身体能力の得手不得手やコンディションのように、脳にも得手不得手やコンディションがある。個人的には、その自己理解がとても重要だと思って、脳に興味がある(自分でfMRI受けたいくらい…ただ脳を操作したいとは思わないが…)ので、とてもうれしい特集!
2004年の本になるが、下記の「進化しすぎた脳」という本も、脳科学や脳について理解していくという観点でオススメ。
https://amzn.to/3nhM3gf
凄く面白い。あまり注目されないが科学にとって実験方法の進化はとても重要で、いかに高速に低コストに多様な実験ができるようになるかでエポックがおこりやすくなる。どの分野でも、このようなトライアルアンドエラーのコストがイノベーションの源泉になる。
長いけどわかりやすい解説、歴史的な流れもまとめってて、必読ですね。

知識は得ていくものではなく、遺伝子に刻まれた過去を思い出す行為なんだという教えを、なお信じて精進したいなと思うこの頃。

花を生けるときにたよりにする感覚も、魂の記憶って言葉を使う方もいますが、科学的にその根拠をだしてくださると、なんだか花を生けることを教える身としてはすごくうれしい限りです。
特集、はばひろく紹介されていて、勉強になりました。第1回、第3回ご登場の利根川進先生について、補足コメント。

利根川先生といえば分子生物学、DNAレベルで免疫現象を鮮やかに解き明かしノーベル賞、、、みたいなイメージの方も多いかと思いますけど、徐々に、脳に関心を移されていことが知られています。

経緯は、こちらは分かりやすいです。

Advice from a Nobel Laureate 01:14-
https://youtu.be/yRpp21lXDzI

精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか p.114-116, 322

脳は、ノーベル賞とってからでも、引っ越しするくらい”重大テーマ”なのか?脳を、どのくらい”ドライな機械”とみていたのか?すこしは”ウェットな臓器”とみていたのかとしてみていたのか?などが、15-30年前目線でわかります。

第3回登場奥山先生につながっていく研究の系譜として、補足でご紹介でした。
これは読ませます。イラスト展開で脳に直接入ってくるような仕掛けも感じます。レイ・カーツワイル博士が提唱するシンギュラリティもそうですが、脳や人工知能をめぐってまもなく世界は一変するのだということを感じます。それにしても「光」の力はすごいです。がん治療にも革命をもたらし、脳科学をここまで進化させるとは。そう遠くない将来、「ヘイ、シリ」とか呼びかけなくてもスマホが自在に動き、昨夜見た夢の「再放送」をリビングのテレビで見ることになるのか、とワクワクしました。
イーロン・マスク氏の脳はどうなっているのだろう。PayPalの前身X.comを立ち上げ、電気自動車や宇宙ロケットを開発、さらにはニューラリンクという頭脳ディバイスの研究まで手を広げている。

単に好奇心が強いというわけではなく、実際にアクションを起こし成功させている。その脳の構造はどうなっているのか。どこが人とちがうのか。それが知りたいですね。