新着Pick

キリンHD、離職者の再雇用増やす考え…社長「人材の多様性は非常に重要」

読売新聞
キリンホールディングス(HD)の磯崎功典社長は、読売新聞のインタビューに応じ、研究職などの専門分野でいったん離職した社員の採用を増やす考えを明らかにした。優秀な人材を呼び戻し、新たな事業の掘り起こしにつなげる狙いだ。
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"出戻り組"の活躍は、各社で散見されるようになりましたね。出入り自由の時代にもっとなると思う。(勿論、円満退社が絶対条件だが…) そもそも優秀人材は一つの組織に留まらない。知的好奇心という"探究心"が半端ではなく、自身で仕事を生み出せる能力を持っている。アンカーとなるPURPOSEの下、魅力的な仕事を創り出せるか、JOB OPPORTUNITYで惹きつけることが求められる。彼等を惹きつけ、活躍して貰うことは、"井の中の蛙"的な視点に陥らない外部での経験をもって、事業そのものも再定義する取組みになると思う。「カマス理論」でも、単に外部から投入されるカマスよりも、"同じ水槽の経験"を持っている再投入されるカマスは個人的には最強な変革者になれると思う…。
私たちのようなコンサルティング業界ですと、出戻りはよくある話なので、「3年以上働いた総合職の正社員を対象とし、離職後5年以内」という条件があることも意外でした。

日本の人材流動性の低さは、多様性、イノベーションの促進の阻害要因になっていると常々思っています。複数社を経験する、それは転職でも兼業・副業でも良いと思っていて、当然出戻りもありですよね、むしろ他も見た上で、やっぱりこの会社が良いと思ってもらえる、ってありがたくないですか?

海外と比較した場合の人材流動性(平均勤続年数で仮置き)を見ると、イノベーションを起こしている、と言われるアメリカ:4.2年、北欧諸国:7.2~9.3年に対し、日本は12.1年となっています。日本と同等なのはイタリア(12.2年)、フランス(11.2年)、ベルギー(11.0年)などで、やはりイノベーティブな事業を創出することに苦しんでいる国が多いような気がします。

何度かコメントしていますが、PwCで実施しているCEO承継調査では、日本のCEOは、「他企業からの招聘」「外国人のCEO就任」「他企業での職務経験およびCEO経験」「MBA保有率」「新任女性CEO」で、世界で最低値となっています。一概にそれが良いとか悪いとかを論じることは出来ないのですが、日本企業の同質的な文化、イノベーションが起こりにくい文化の大きな一因であることには疑いがなく、従業員の流動性のみならず、こういった所から変革していくタイミングなのではないかと思っています。
こういう動きがもっと大きくなってほしい一方で、これがニュースになるほど、人事は硬直化しているのか、と少し驚きを感じます。当然のことながら、さまざまな企業での経験は貴重で重要ですが、このような制度がなければ取り入れないのか? 海外や外資とのトーンの違いを改めて実感。
これから益々人材の取り合いになると思います。本来ならいつでも、誰でもというのが理想ですが、条件があっても大企業が制度としてちゃんと提示していくことは大切な事だと思います。
この制度を運用してみてさらに条件が広がっていく事を期待したいですね。
「3年以上働いた総合職の正社員を対象とし、離職後5年以内に利用できる」とされたところに、既存の人事制度との整合性を保とうとする人事的な苦労の跡を感じます。

かつての離職は裏切りのような扱いが、出戻りを歓迎するように変わってきている流れは好ましいことだと考えます。
外でも活躍できる人ほど縛り付ける人事に魅力を感じませんし、外に出ると元の良さにも気がつくこともあるので、辞めることを恐れない人事が必要になってきているのだと考えます。
自社でタレントプールをつくりリファラル採用を拡大していく動きはますます拡がると思います。
制度として示すのは良いメッセージになると感じました。
出戻り再入社の方は、組織からすると大変ありがたい存在です。
既に自社のノウハウを持っているだけでなく、一度外を見たが改めて自社がよかったということを体現する存在となり、既存のメンバーの方にも良い影響を与えます。キリンHDさんが取り組み強化とのことですが、この流れは加速するでしょうね。

アルーにもお戻りいただき、ご活躍いただいている方が複数いらっしゃいますが、本当に感謝しています!
「一度外に出て、そこから自社を見た景色」を獲得しているという意味で、離職者の視点は、とても貴重だと考えています。

「外に出たからこそ、改めて理解できたロイヤリティ」もあるので、全員が全員ではないでしょうが、筋のよい人材の再雇用は大正解だと思います。

勿論、再雇用した後に適切な処遇をすることが、とても大事です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
このような再雇用の制度は評価します!ただシンガポールのようにクビも転職も再雇用も日常茶飯事な市場で働いていると、「3年以上働いた総合職の正社員を対象とし、離職後5年以内に利用できる」といった勤務年数や離職後の復帰年数の定義は不要とも思います。キリンHD様だけではなく、多くの企業様にてコロナ禍で働き方が大きく見直された今、このような多様な働き方・労働流動性を応援する制度が整うことを願っています!STAY GOLD!!
大企業こそ活かせる資産。新卒同期や先輩後輩のネットワークもあり、会社が良い方向に動いていけば、その情報は伝わっていく。誰でもかれでもでないからこそ、別れ方や適切に情報が残され管理されていくことも大切ですね。
キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
1.89 兆円

業績