新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このアイデア凄い。YouTuberにも似た形で、漫画家志望者はお金目当てと自分の実力を世に見てもらう場として、ジャンプ+は恰好の場となる。
一方で集英社側としたら、自動で優秀な若手を選抜出来て、他社に流れず自社内で取り込む事ができる。しかも最初から人気有無が把握できている為リスクが無い。

これは正に"漫画家のプラットフォーム"を作っている事となる。
ビジネス構造上、自己強化ループを生むサイクルが出来ており、自動で拡大し続ける筈。さらっとしたリリースだが大きい意義があると思える。
益々個人が活躍できる世の中になっていきますね。

その中で企業がどこまで柔軟になれて、魅力的で居続けられるか…。課題です。
個人の表現活動のチャネルは
ネットにより加速的に拡大しましたね。

大学生だった1997年くらいにビジネスコンテストで
そう言う内容の事業プレゼンしたら
ベンチャー推進している大学の
大御所教授に鼻で笑われたな。。。
懐かしい。
副業マンガ家も増えるのかな、個人の可能性が広がることは素晴らしいことだ
個人的には日本の強いマンガコンテンツを海外にもっと広めてほしい👍
そのためには1つのアプリで読めるコンテンツの集約と縦読み形式への変更もチャレンジしてほしいなー
プラットフォームとしての「ジャンプ+」に期待したいです。やはり、"いいジャン!"の数を獲得しているコンテンツは、やっぱり面白い!作者との距離感も近く感じられるような世界観はこれから選ばれる要素となる。編集者とコンテンツキュレーターの担当者の審美眼がより一層求めれると思う。世の中に発信することが容易になった時代においては、簡単な分だけ見向きされず、見捨てられることも頻繁になる。育てることも大事な活動ですよね…。出版社としての腕の見せどころですね。
面白い取り組みですね。個人のクリエイターの力を生かす場が増えていきますね。少年ジャンプ黄金時代の読者でしたが、最近の鬼滅の刃に至るまでジャンプは日本のサブカルチャーを牽引してきましたので、そうしたブランドを個人が活用していける時代になったのは感慨深いです。インディーズ枠から、次のビッグヒットが生まれることを楽しみにしています。
まだ無名のクリエイターにチャンスの場が提供されるのは素晴らしい取り組みですね。しかも原稿料が支払われるのはかなりありがたいと思う!若手の登竜門みたいになりそうですね。
素晴らしい機能!!原稿料が支払われたりする辺り、漫画家になりたい人がより職業として本気で漫画家を目指すきっかけになると思います。
11日よりインディーズ連載枠というのが新たに出来るそうです。
「原稿料1ページ5,000円に加え、人気ボーナス金も併せて支払われる」とのこと。広く多くの人に知られるような作品が出てくるかもしれませんね!
集英社の取り組みって良い意味で、変わってきましたよね!
株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の総合出版社。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している。社名は「英知が集う」の意味。 ウィキペディア
関連記事一覧
18・19歳の呼称は「特定少年」…少年法改正案、民法と異なる位置付け明確化
読売新聞
56Picks

『鬼滅の刃』『呪術廻戦』「ジャンプ」だけが“圧倒的一人勝ち”している「納得の理由」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
50Picks

少年ジャンプ+編集長「出版社系漫画アプリで日本一になった理由」 - ダウンロード数は累計1500万突破
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
17Picks

集英社・少年ジャンプ編集部と新規事業開発部が「マンガテック2020」参加スタートアップを募集
TechCrunch Japan
7Picks

少年ジャンプ、鬼滅の刃を連想させた政治ポスターに激怒か : ジャンプ速報
ジャンプ速報
5Picks

目標は鬼滅超え。大ヒットを生み出す「少年ジャンプ+」 SPY×FAMILY・怪獣8号
Impress Watch
4Picks

少年ジャンプの“原点回帰”人気絶頂で連載終える漫画増えた理由 - 女性自身
BLOGOS - 最新記事
3Picks

『アクタージュ』連載終了。「週刊少年ジャンプの社会的責任の大きさを深刻に受け止め」と編集部
ハフポスト日本版
2Picks

ポスト『鬼滅』?『呪術廻戦』入手困難に「ジャンプ」大ヒット連発の裏にしたたかな戦略
ビジネスジャーナル
2Picks

漫画アプリ「少年ジャンプ+」に“個人連載”枠 ネームチェックなし、読まれた分だけボーナスも
ITmedia NEWS
2Picks