新着Pick
2426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度もコメントしていますが、今の日本に必要なのは初等教育の変革だと思っています。
これまでの所謂つめ込み式から、自らの頭で考える形へ転換が必要です。

私が通っていた中学校は、当時の文科省の実験校的な扱いだった為、非常にチャレンジングな学習体系でした。
この記事を読んでみて、まさにコミュニケーション、批判的思考能力、コラボレーション、創造力を育めるプログラムであったと改めて思いました。

・通常の教科に加えてHuman Unitという哲学の授業がある
美しさとは何か、芸術とは何か等を、皆んなで徹底的に議論します。

・社会課題をプロジェクトベースで追求する
社会の授業では、例えば先生が突然「この近くで過疎化が進んでいる市町村をピックアップしたから、5人位でチームを組んで、自分たちで役所にアポイント入れてインタビュー&現地に行って、過疎化の原因、どうしたら解決出来るか、2週間後にプレゼンして下さい」みたいな感じです。

・自分で問いを創る
修学旅行では、個人で研究したいテーマを設定し、東京にいる第一人者にインタビューし論文に纏める、というものでした。
私の友人は、「心はどこにあるのか?」というテーマで、脳科学者、精神科医の方などにインタビューしていて、とてもエキサイティングでした。

・常識を疑う
数学では「円周率が3.14の理由を各自で考えて」、理科では「地動説は本当に正しいのか」などでした。

・創造力を養う
美術では「消しゴムで絵を描いてみて」など…

挙げればキリが無いほど、知的に刺激を受ける毎日で、間違いなく今の私は中学時代に培われたと思っています。
(ちなみに、通常の受験勉強はそれはそれで自分たちでやってね、というスタンスなので大変でしたが…)

早く日本でもこんな教育が展開されるといいのに!とずっと思っています。

※追記
ちなみに頭だけではなく、心身&グローバルという意味では、2年生の頃に山を貸し切って、文明を持ち込まない(火も火起こし器、食料も1年かけて自分たちで育てたもののみ…)というサバイバルを、アメリカの姉妹校の子たちとやりました…色々鍛えられました笑
非認知能力や学びのマインドセットは「子ども一人で育てられるものではなく、家庭、学校、教室など日々子どもが時間を過ごす中で育まれていくものです。子どもが過ごす場所すべてが子どもに影響を及ぼす場所です。」本当にそうだと思います。そして、そんな環境は親のみ、学校のみ、では作れません。子育てをしていて思うのは、自分ひとりでできる事ではない、ということです。子供たちは社会の中で生きていかなければなりませんが、一人の人間がそんな複雑なシステムについての十分な知見を与えるなど不可能です。記事に出てくるようなホリスティックなアプローチはエリートとかとは関係なく、子供が幸せで生産的な人生を送る上でとても重要だと思いますし、それにはコミュニティ全体で育てていくという大人たちのマインドセットも求められているのではないでしょうか。
竹村さんの記事はいつも共感しかないので、最高ですね。

学力偏重から脱却できない日本の教育には危機感しかありません。

何が悔しいかって、40年前から、「学力偏重型の教育は限界が来る。詰め込みではなく、子どもたちには社会とつながり、創造的・協働的に教育活動に取り組んでもらう必要がある。」と文部省内では議論があり、まさしくホール・チャイルド教育へのシフトが図られようとしていたのです。

その結果、(一歩目として)生まれたのが、「ゆとり教育」や総合学習の時間だったわけです。

で、学力偏重型から脱却しようとしているわけなので、国際的な学力テストの成績は全体的に落ちるわけで、そこで代替する指標を持たずに「学力が下がった!学力が下がった!」と社会が騒ぎ、脱ゆとり・さらに強い学力偏重型の教育に”リバウンド”してしまったのです。

今回の学習指導要領改訂で相当改善されています。無論、学校現場は改善しないといけない事がたくさんあります。コメントをみても厳しいコメントが多いですね。同時に、皆さん学習指導要領を読んだ事がない方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。是非とも一度手に取ってみてください。今の学校現場が目指している理想を理解し、それに対して文句を言うのではなく、当事者として何ができるのかをしっかりと考え、行動を起こしていきたいですね。
これからの未来を生きていく子どもたちに必要な力とは何か。それをどうすれば身につけられるのか。

本特集では、変化が激しく正解のない時代を生き抜くために新しいスタンダードとなるであろう世界の「最先端教育」を紹介。日本の学校と親が子どもを育てていく上での課題と方向を示します。

国内外のトップ校を数多く調査して、新しい時代のエリートたちが受けている教育を分析し、その学びを日本に広めているFuture Edu代表の竹村詠美さんに解説していただきました。
まずは都会の「塾主義」をやめるべきかと。暗記一辺倒・横並びの勉強を未就学の時期から詰め込まれては、クリエイティビティどころではありませんし時代遅れです。

私自身は大分の田舎育ちで塾にも行ったことがありませんでしたが、「小さな世界で人と比べる」経験をしなかったので、目指していたのは常に「自己ベスト」でした。

4Csを身につけるには、小さい頃からアートに触れたり、知的好奇心を伸ばすために人と議論したりする方が、塾の机でガリガリ勉強するよりもはるかに有効だと思います。
子どもの教育や理想の在り方を考えていく際に、私たち大人世代が自分たちが子どもの教育を通じて一緒に実現しようとしていることは自分たちの価値観であるということを直視した上で、価値観を自分の中で受け入れる責任感も大切かと思います。その行為を行うことがあたらしい未来を一緒に作るということかと思います。

例えば
「幸せな社会作りのため」←幸せってそもそも自分たちはどう定義している?
「社会問題を解決する」←解決した先の未来の世界の理想はどうだと思っているのか?

そういう問いかけを大人自身が自らできるようになっていき、自分自身の言葉で語るれるようになることが
子どもの教育を考える前に(とはいえ子どもは毎日大きくなっていくので同時進行でないとダメですが) とても大切なことではないかと
二人の子どもを育てながら日々感じています。

というのは私のいつも悶々と考えていることで
記事で書かれている理想の教育手法についてはとても賛同します!
人は、途中、方向転換しながらも、継続することでしか成長できないと思っています。そのためには、マインドセットが一番重要であり、苦しい時にどう考えて取り組むことができるのかにより、大きく差がでるのではないでしょうか。
大切な力は、どんな時代でも求められる。

世界経済フォーラムが挙げる、求められるスキルの変化を見ると面白いです。

新しい発表では、クリエイティビティに加えて、分析的な思考力、アクティブラーニングをトップ3に挙げています。

問題解決力より重要だとしています。しかし、これらの能力の順位そのものには意味はありません。

思考力、学習力、そして創造力は、時代に関係なく大切です。

海外の事例などを知るだけではなく、そこから学び、そして実践することが、もっとも大切。どう実践するのかを、大人がしっかり考えましょう。

明日の実践編を楽しみにしています。
クリエイティブ能力に富むバランスのいい人間に育てる。とても大切ですね。特にパンデミックが今後も継続して襲ってくることを考えれば、環境適応能力に優れた人材を育成しなければなりません。

頭でっかちでは環境に適応できない。肉体的に強靭であっても生き残れない。バランスが必要です。自然に触れ、自然から多くを学ぶ教育が望ましいと思いました。
変化の激しく正解のない世界で、何を目指して、そのためにどのような教育が必要かを考えさせられます。

私が事務局をやってる孫正義育英財団では、子供たちの可能性を信じて彼らが自分たちの才能を大きく伸ばせるためのサポートをしてます。正解のない中で彼らが望むことを自由にやってもらうという考え方です。
ただ、最後は伸ばした才能を自分の私利私欲ではなく、社会に還元して欲しいというメッセージを送り続けてます。
この連載について
世界のエリートは今、自分の子どもにどんな教育をしているのか。変化が激しく不透明な時代を生き抜くために新しいスタンダードとなるであろう「最先端教育」を紹介。日本の学校と親が子どもを育てていく上での課題と方向を示す。