新着Pick

破壊と混沌のカメラ、iPhone 12 Pro

ギズモード・ジャパン
Photo:KentaTerunumaカメラとして、iPhone12Proはどうなのか。「世界で一番売れているカメラはiPhoneだ」と言われ、早10年近くが経ちました。近年、スマートフォンの影響によってカメラ販売台数は減り続けているのは間違いありません。しかし、スマホをカメラとして捉えれば、現代は歴史上もっともカメラが身近になっている時代なのです。そんな2020年現在もっとも進んだスマホである「
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フルオートフォトショが常時稼働って芸当は、さすがに通常の一眼レフでは難しい。

光学性能のハンデをカバーして余りあるモノに。

だから、次のiPhoneはぜひ35mm換算80mm位の中望遠レンズを搭載して欲しい。一眼レフやビデオカメラがほぼいらなくなる。
一眼レフカメラとか不要の時代になるなあ。
カメラマンもレタッチゃーも不要になるのかな。
なるほど。「写真」よりも「人間の目で見える見え方」や「iPhoneの画面で表示した時の見え方」が正解になる世界か。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
240 兆円

業績