新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクチンの有効性は試験の中では数字として示されますが、個人レベルでは何も見えません。抗体ができたかどうかも、感染症にかからないというアウトカムも、個人レベルで体の変化として感じ取れるものではありません。

むしろ本来重症になるはずであった人がワクチン接種後に軽症COVIDを発症した場合、実際にはそれもワクチンの有効性と考えられるものの、「ワクチンを接種したのに感染した」と話し、報道で取り上げられるのかもしれません。

一方、副作用が出れば容易に身体の変化として感じられます。ワクチンの副作用には、発熱や疼痛など、自覚しやすい副作用が並びます。

このように、病気を治す「治療」とは異なり、「予防」では有効性が見えにくく、副作用ばかりが見えてしまうことに注意が必要です。副作用の報道は今後も盛んに行われるでしょう。ここに大きな報告バイアスのリスクがあります。

副作用の報告を慎重に観察する重要性に変わりはありませんか、我々は大きなバイアスのリスクに晒されていることにも注意を払う必要があります。
BBC(英国放送協会)からの記事を見るとNHS(国民保健サービス)の職員2人にワクチン接種後のアレルギー反応がみられたようです。二人は直ちに適切な処置がなされ、回復したとのこと。この2人の職員は、過去に深刻なアレルギー反応の経験を持っていて、突然の反応に備えてエピペンを携帯されている方でした。
https://www.bbc.com/news/health-55244122
『過去に同様の反応を起こした経験のある人は接種を控える』とありますが、一般的には、『過去に”同じ薬品で”同様の反応を起こした経験のある人は接種を控える』になります。

別の記事では、『過去に薬や食べ物、ワクチンで重大なアレルギー反応を起こしたことがある人』と書かれています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ebd58f2809ab6abca8d7aafb27c03d5b237e3d6

つまり、
『過去アレルギー症状がある』ので接種できないとすると、多くが接種できなくなり、『過去”同じ薬品で”アレルギー症状があるもの』とは、全く異なります。

大元の情報で、どちらの記載になっているのかが気になります。
インフルエンザワクチンも接種前にアレルギー歴を確認されますが、逆にアレルギー反応が出ないワクチン接種があれば教えていただきたいものです。
医療従事者というよりも、過去のアレルギー反応との関連性の検証ですね。
報道機関のみなさんには、ぜひ冷静で科学的、かつわかりやすい報道を強くお願いしたいです。
今の流れだと、ワクチンの副作用のみがセンセーショナルに報道されるのではないかと心配します。

新しいなんらかの効用を享受するのにゼロリスクはあり得ないし、一定のリスクと効用を冷静に比較して判断すべき局面です。そのための十分な情報を報道、提供してほしい。
一般に、目に見えないものや未知のものに不安があるのは当然。放射能と同様です。
報道関係者の皆さんが、原発事故の際のセンセーショナルな報道が社会に与えた影響をしっかりと振り返って、今の大事な局面に活かしてくれていることを切に祈ります。
この英当局が警告って、元々アレルギー体質の人は、ワクチン接種の際に、アレルギーが起こる可能性に気をつけてください!ということですよね、きっと。

いかにも、ワクチン全般への警告みたいな記事にする日本のメディアのジャイアン+スネ夫的意地悪体質には、本当にウンザリします。
くすりはリスク。
ある程度の副作用は仕方のないことです。
むしろワクチン摂取後に適切に対応されて、快方に向かっているとのことなので、しっかり対応すれば問題ないということ。

もともとアナフィラキシー(ここでいう激しいアレルギー反応)を起こしたことがあり、エピペン(自分でアナフィラキシーに対応する薬)を携帯されている方とのことです。
何に対してアレルギーを持っている方なのかの検証が大事になってきます。

メディアの方々には今回のニュースだけで「やっぱりワクチンは怖い」というような方向性にもっていかないようにお願いしたいですね。
ワクチンにこうした副作用はつきものとはいえ、ここまでの開発と承認スピード、更には新たな技術によるワクチンであることを踏まえれば、一定の人が恐怖を覚えるのは自然なことだろう。いつも「正しく恐れろ」とは指摘されるが、現実の世界ではいつでも、「恐怖はウイルスより早く感染する」ものであり、こうした症例が報道されるたびに、不安は増していくだろう。
インフルエンザ等のワクチン接種の際にも、事前の問診でアレルギーなどについて聞かれた経験があり、
これもそれと同様のものと理解しました。事実を淡々と受け止め必要以上に騒ぎ立てないことが大事です。