新着Pick
710Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Appleが作るイヤホン(AirPodsシリーズ)やヘッドホンのポイントはH1チップによる圧倒的にシームレスな接続です。iPhoneとMac, iPadなど Apple デバイスにずっと囲まれて生活をしていると、もういちいちBluetoothをペアリングするのが手間でしょうがない。僕はいま Sony の WH1000X-M3 を使っていますが、やっぱりそこがどうにも面倒。H1チップがもたらす圧倒的なUXのよさはすでに AirPods シリーズで理解しているユーザが多いので、この点は本当に大きなアドバンテージだと思います。
事前情報では349ドル(実際には549ドル)で、左右チャネル自動認識でどちらからでも装着できるとか、磁石で固定された交換可能なパーツなど色々言われていたのですが、悪い意味で全部ハズレましたね。
なにせ一般向け高級ノイキャンヘッドホンは、SonyのWH-100XM4という絶対王者がいるので、Appleといえど、このくらいでは相当苦しいような気がしますね。
Sonyにはない空間オーディオやXM4唯一の泣きどころであるマイク性能あたりが気にはなりますが、ここまで値段差が開くと流石の私もこれは様子見かなと思います。
デザインは良いですね!オーバーイヤー形状のレトロ感が、新しいテクノロジーとうまく調和しています。

ノイキャンのヘッドホンは圧倒的な機能性優位性で、ソニーが頭一つ抜けています。実際の音・装着感を試してみないとクリアカットな発言はできませんが、現時点でアップルが発表している想定価格はソニーよりも高めです。(ドイツのオーディオ専業メーカー老舗のゼンハイザー・ベイヤー等と同じくらい)

アップル製品が好きな、ヘッドホンを新たなに購入しようと考えている生活者には響くかもしれません。
Lightningコネクタが採用されたのは驚いた。iPhoneから廃止(USB Cやコネクタレス)の噂が耐えない中で新しいデバイスに採用するとは、まだまだ生き長らえそう。
高いわー…

他記事へのコメントを追記。

・ヘッドフォンに6万円を支払える層はかなり限られている。
・6万円と言えば、スタジオで使われるような「プロユース」レベルの価格帯。こだわりのある音響マニアかプロが買うお値段帯。
・競合と言って良いだろう、同じカテゴリにあたる良い品質の製品をBoseもSonyも300ドル台で出している。これらはうるさ型のユーザーにもかなり広く普及しているはず。
・Appleプレミアでその倍額も支払う人はそうは多くはないだろう。
このMaxもAir Pods Proも一部ユーザーがハックして6DoFのセンサーとして使っている例がSNSなどで流れてくるけれど、都市空間での移動やセンシングを扱う立場としては音質やノイキャンよりこっちの機能のほうが圧倒的にセンセーション。

いわゆるスマートシティでは、人やNHA(Non-Human Agent)の位置や向きをリアルタイムにセンシングして、個々の動きを予測したりそれに基づいて全体の群制御を行うことが非常に重要な技術になる中で、現時点で人間の位置、とくにリアルタイムに体や顔が向いている回転角をセンシングする空間測位はまだ十分な精度が出せていない領域。

今後環境側にも汎用に測位を補助する環境が整っていく(コモングラウンド化:空間の3Dデジタル記述とカリブレーションのためのセンサーやマーカーの埋め込み)中で、身体、特に頭に6DoF測位を補助するセンサーやマーカーをいかに汎用的に装着させるかはものすごくクリティカルな領域。現状でARグラスとこうしたヘッドセットが有力候補になっている中で、既に日常に浸透しているこうしたヘッドセットは圧倒的にポテンシャルが高い。テレカンなどが日常化することで、こうしたテックアシストを必要とする層とのニーズや興味の整合性も高まっている。

実空間でのARナビゲーションを考えても、現実にはAR映像ベースでは混雑空間ではむしろ渋滞を引き起こして危険になりがち。むしろ実社会では音声ARによるナビゲーションが機能の多くを占めるはずで、そうした意味でもヘッドマウントのサウンドデバイスが、6DoFのセンサーを兼ねるというのは圧倒的に合理的。

新しいiPhone 12 ProにLiDARが装備され、モバイルデバイスに空間スキャナとしての機能が付き始めたこととあわせ、2020年は実空間そのものをUI化し、ヒトがユーザーであると同時に測位センサでありスキャナーであり空間情報アップデートのデバイスになる、群知性と環境自律性時代の幕が開けた年だと言ってもいいくらい。僕にとってはiPhoneは電話付き空間スキャナだし、Air Pods Pro/Maxは音楽も聴ける測位センサー。この二つのデバイスが市販されたことの社会的インパクトは、たぶん多くの人が思うよりずっと大きい。
高いな。
襟足くらいを支点にするバックバンド型が良いのだけど。(髪型)
こんな感じの↓
『Amazon.co.jp: audio-technica 密閉型ヘッドホン バックバンド ブラック ATH-BB500 BK: 家電・カメラ -』
https://www.amazon.co.jp/dp/B00475S09C/ref=cm_sw_r_u_apa_fabc_9t-ZFbD7WR9Y8
ケーブル接続もできるとなると、Bluetoothよりも高音質が期待できます。

値段が値段なので悩ましいところです。

屋外で使用するには今のAirPodで十分だし・・・それでも買ってしまいそうな自分が怖い(汗)

(追記)
ケーブルは充電だけなのでしょうか?
だとしたら、いささか興味が薄れます。
このMaxの発表で、ソニーのWH-1000XM4と比較されていますね。ソニーの圧勝と言う感じのTweetを沢山見ているので、ソニーにとって良い宣伝効果があったようです。皮肉なものです。先程、その記事も見つけました。(ここ追記)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/09/news061.html

実際に使ってみないと、この価格の価値があるのかは分からないので、これ以上のコメントは避けておきます。
今までのair podsデザインが嫌い過ぎたので、今回の美しいデザインのヘッドフォンは朗報。けれど、長年のMac/iphone依存からそろそろ抜け出そうと考えていた矢先なので、悩ましいです。。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
240 兆円

業績

業績