新着Pick
427Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
英国で新型コロナウイルスのワクチン接種が開始され、感染者数減少に重要な第一歩となることが期待されている。米国における感染拡大は衰えを見せず、大規模なワクチンの接種が緊要となっている。米国ではバラク・オバマ、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュらの元大統領がその安全性を示すため、ワクチンを公開接種する意向を示している。ワクチンが効果を発揮し、一日も早くこのパンデミックが収束に向かうことを祈るばかりだ。
新型コロナウイルスとの戦いで転機となる象徴的な出来事であるのは間違いありません。ワクチンをめぐっては、途上国や低所得国でワクチンを必要としている人にどう行き渡るか(国際的な共同調達の仕組みであるCOVAXファシリティーがしっかり機能して公平なワクチン配布が実現するか)、中国が意欲を見せている東南アジアやアフリカなどでのワクチン外交が国際政治にどう影響するかなども見逃せないポイントだと思います。
ドイツの報道では、足並みを揃えて欲しいという
報道が多い。
ファイザーと、ビヨンドテックというドイツの会社の
共同開発だが、EU承認がおりるまで、ドイツでは
接種出来ない。
英国は、これはEUでは無く国としての決断と強調
している。
いよいよEXITでしょうか。来年はまた世の中が変わる可能性がありますね。
TIME誌の表紙がわかりやすい。2020❌The Worst Year Ever

https://mobile.twitter.com/TIME/status/1335192450596532225
ワクチンには大いに期待します。メッセンジャーRNAを使うという画期的なワクチンが人類を救うことを願います。しかし、期待し過ぎるのもよくないかも知れません。中和抗体が半年以上持つという、うれしい研究結果も発表されていますが、所詮は半年です。クラスターが医療現場を襲えば、まだまだ世界の混乱は続く可能性があります。警戒は緩めないことだと思います。それにしても、アストラゼネカがワクチン開発をしていた当のイギリスで、競争相手のファイザーのワクチンが、当のアメリカよりはやく投与されるのは、奇妙な気持ちになります。
日本で実用化の暁には、歴代総理大臣が接種するくらいのパフォーマンスがあるかもしれませんね。
いよいよワクチンが登場しました。
人類史上最速のスピードをさらに
4倍速にして開発されたワクチン。
人類がウイルスに打ち克つ瞬間がすぐそこに。
まずそれを喜び、さらにこの機に社会の進化を
4倍速で進めることで、失ったものを取り戻し
ていかなければなりません。
元に戻ってはいけないし、立ち止まっても
いけない、と強く思います。
人類文明とウイルスとの戦いの新局面。所感ふたつ。

1. たった1年でのワクチンの実用化。これは控えめに言って現代の奇跡と言えるのでは?

2. 一方で、世の中がワクチンに期待しすぎな気もする。これで全てが魔法のように解決する保証はまだないのでは?

というわけで気を緩めずにマスクとソーシャルディスタンス。

僕は専門家じゃないので、間違っていたらご指摘ください!
これで「EXIT」となるかはまだわかりませんが、ここまで、ものすごいスピード感でした。
新型コロナウイルスによって、「分断」も感じたし、世界がひとつの目標に向かって進むときの力強さもまた垣間見えました。
早かったですね!是非状況が好転して欲しいです。

ただ、インフルエンザもワクチンがありますが、毎年流行しているように思います。Covid-19についてはどうなるのか。冷静に動向を見守りたい。