新着Pick

【マーケ】住友商事からP&Gに“越境転職”して得た学び

JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
30歳でプロの経営者になるーーという目標に、総合商社での仕事は間に合わなかったと率直に語る石井さん。「自分の実力次第で、よりスピードを持ってキャリアをつくりたい」とP&Gのマーケティング職に越境転職。そこで、同社のマーケティングフレームワークwho-what-how”、要するに、「誰に、何を、どのように売るか」を完全に自分のものにするのに2年半かかったといいます。そして、得た学びを武器に目標通り30歳でマーケティング会社を設立。なんと戦略的なキャリア!と思いますが、記事でも語られているように、相当な苦労もあったご様子。20代のキャリアと学びをどうするか?モヤモヤしている人が元気になる記事です。是非お読みください!
強く高い目的意識でマクロとミクロの両方を徹底的に叩き込んだからこそ見えている境地のように感じました。

修羅場経験が人を育てると言われますが、修羅場は捉え方次第で自ら作ることもできます。
ビジネスだけでなく自分のキャリアについても、マクロ目線で社内の中の自分の位置付けを意識していたことが、目的達成に向けた決断につながっていたのだと感じます。

石井さんは20代のときに大きな目的を強く意識して行動できたからこそ、30代で大きく飛躍されました。若くして成功されているように感じますが、スタートのタイミングが早くて走り抜いたからなので、どんな年齢であっても自ら修羅場に向かえばチャンスはあると考えます。自ら動くことで属している組織の限界もクリアに見えてきそうです。
リアルが素直に出ているキャリアストーリー。
気持ち良く読ませてもらいました。
P&Gの基本の部分、よく分かる実話です。
自己決定による人生の選択の重要性ですね。