新着Pick
691Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
うつっぽくなったときは、休めばいいのですが、実はそれが難しい。というものも、頑張って問題解決をすることによって、なんとか自信をキープしたいからです。

有能な人ほど、休めばいいときに、何か対処して今のストレスを解消しようとしてしまいます。そんな人は、目の前の課題に対応できる、という自信(これを第1の自信と呼んでいます)に依存しているのです。

これからの人生でもいろんなピンチが訪れますが、その時に本当に必要なのは、自分で自分の体力、感性、復活力を信じる力(第2の自信)。そして周囲を信じる力(第3の自信)です。

うつっぽくなったときは、不安や、それ何か前向きなことをやりたいという衝動をうまく「そらして」、しっかり休養する。それが第2、第3の自信を鍛えることにもなるのです。
人気 Picker
これは違う角度でヒントになりますね。ストレスに強くなるための三つの自信「スキルに関する自信」「自分の体や頭脳の機能に対する自信」「周囲に受け入れられるという自信」