新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「決断に“もしも”はなく、
選んだ道が正しかったかどうかは、
自分で判断し、自分がその道を正しくするだけ」

正しくするプロセスに集中することは
自分のやるべきことをやるということ。
人気 Picker
元サッカー日本代表・鈴木啓太氏の連載第5回です。
---
元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が立ち上げた、アスリートの腸内細菌を研究するバイオベンチャー「AuB」が企業から熱視線を浴びている。

2019年9月には、大正製薬と三菱UFJキャピタル、個人投資家から総額約3億円の資金調達に成功。2020には、読売ジャイアンツとの選手の栄養サポート分野での取り組み、京セラらとの共同研究をスタートさせている。

サッカー界からビジネスの世界に飛び込み、創業から5年。ゼロから切り開いてきた道のりを支えた、その熱源とは。(全7回)

■第1回 元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
■第2回 非エリートが夢との距離を縮める方法
■第3回 過酷な世界で生き残り、組織で必要とされる人材とは
■第4回 「知恵と勇気」オシムの言葉で勝つ
■第5回 決断に「もしも」はない。選んだ道を正しくするだけ
■第6回 空中分解、資金枯渇、倒産がチラつく苦境続きの起業
■第7回 「努力は運を支配する」という言葉の先にあるもの
別のアスリートからも同じような話を聞いたことがあります。

「決断」とは一方を選ぶことではなく、もう一方を断ち切ること。
そして、決断をするためには自身の心をいつも平らかにしておくこと、だそうです。
変な主観や心穏やかでない状態で判断をすると、迷いやその時の都合のいい方を選んでしまい、結果後悔することになるそうです。肝に銘じたいですね。
選択肢が正しいかどうかは選択する時点では分からないが、選択が正しかったと自分で思えるよう行動するだけ。
誰もが無意識でやっていることかも知れませんが、意思が伴うと大きな成果につながることを実感できる言葉だと感じました。
「始めた事を好きになる才能は」
人生の幸福感を大きくし、自信を強めると考えていますので鈴木さんの考え方に心から賛同します。 
自身が選択した道が正しいかそうだなかったかをずっと引きずっている場合はどうしても腹極めができていない状況が続きパフォーマンスがおち、結果正しくなかったことになる事が多いと思います。

親が決めた進路で納得してない場合は増してそうだと思いますがその場合でも心を建て替え
今自身がやっていることこそ何かの縁で授かったチャンスと捉えることで 「正しい決断だったことに自身で導ける」のだと思います。
素敵なメッセージですね。
どちらが正しいかではなく、どちらを選んでもメリット・デメリットがある。
選んだ選択肢を正解に変えるその後の取り組みが重要であるということに、とても強く共感します。
起業家ってうまくいかなくても「失敗」と思わず「結果を知る一つの方法」って思って前に進むので、その精神がとても大事だなと思います。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
大正製薬ホールディングス株式会社(たいしょうせいやくホールディングス、英語:TAISHO PHARMACEUTICAL HOLDINGS CO., LTD.)は、製薬会社を傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5,628 億円

業績

業績