新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AuBのすごいところは、(1)相当な有名人にも関わらず鈴木啓太さんがとにかくどんな相手に対しても丁寧に謙虚な姿勢であること、(2)AuBが物販で売上を追求するのではなく、しっかりと腸内コンディションの改善に関して徹底したR&Dフォーカスの姿勢を明確化していること、の2つにあると思っています。
必ず成功してほしいスタートアップですし、スポーツ選手のセカンドキャリア問題に対しても、こうした本物のベンチャー、起業家の成功が一番の薬になると信じています。
大昔のコンサルタント時代、元社会人野球監督から「選手の調子はウンコを見て判断する」と聞いたことがあります。そこまでするかとよく記憶に残っていますが、今や腸が脳並に重要であることは常識になりつつあります。きっかけはどうであれ、素晴らしい着眼と思いますので今後の展開に期待です。
新年最初の「仕事の哲人」は、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏です。本日から7日連続で公開します。
---
元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が立ち上げた、アスリートの腸内細菌を研究するバイオベンチャー「AuB」が企業から熱視線を浴びている。

2019年9月には、大正製薬と三菱UFJキャピタル、個人投資家から総額約3億円の資金調達に成功。2020には、読売ジャイアンツとの選手の栄養サポート分野での取り組み、京セラらとの共同研究をスタートさせている。

サッカー界からビジネスの世界に飛び込み、創業から5年。ゼロから切り開いてきた道のりを支えた、その熱源とは。(全7回)

■第1回 元日本代表が「うんち、ちょうだい」と奔走する理由
■第2回 非エリートが夢との距離を縮める方法
■第3回 過酷な世界で生き残り、組織で必要とされる人材とは
■第4回 「知恵と勇気」最重要の戦いに勝たせたオシムの言葉
■第5回 決断に「もしも」はない。選んだ道を正しくするだけ
■第6回 空中分解、資金枯渇、倒産がチラつく苦境続きの起業
■第7回 「努力は運を支配する」という言葉の先にあるもの
アスリートのセカンドキャリアという側面で注目の啓太さんですが、エピソードをお聞きすると、アスリートの行動様式がビジネスを成功させる際の要素を多く含んでいることの示唆が数多く見つかります。楽しみな連載です。
我々アスリート界では非常に大切な事柄が丁寧に書かれています。腸内環境を整える事が健康に大きく影響します。これはアスリートとして根幹であり、夢を追いかけ続けるポジション(才能の開花)に立つ事が出来ます。この発想はビジネスマン含め、日々日常の活力アップにはこの腸内環境は非常に参考になるかと思います。
下記の言葉は、なかなか言えないと思います。すばらしい。

「元日本代表」という枕詞は、そろそろ外した方がよいのでは?ご自身のブランドで勝負できると思います。

(以下、記事中から引用)
そんな“ドリーム・キラー”たちの言葉も、今では「自分のことを心配してくれているんだな」と考えるようにしています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
大正製薬ホールディングス株式会社(たいしょうせいやくホールディングス、英語:TAISHO PHARMACEUTICAL HOLDINGS CO., LTD.)は、製薬会社を傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5,704 億円

業績

業績