新着Pick
722Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
新型コロナウイルスは、世界のエアライン市場の全てを変えました。どの国の政府も自国エアラインを守るために公的資金を注入しています。しかし、コロナ前から業績が芳しくなく、倒産したエアラインも多く存在します。今回は、そんな世界のエアライン市場の現在・過去・未来をまとめました。
人気 Picker
長い文章が作れないという制約の中で、大変よくまとまっている記事と思いました。アフターコロナの航空業界という意味では、プライベートジェットの人気について取り上げても良かったかもしれませんね。今私が航空ビジネスをやれと言われたら、これに参入します。富裕層を中心に、自分のタイミングで、コロナ感染の恐れもできるだけ小さくして目的地へ移動できる手段として俄然注目されているからです。たとえばホンダジェットであれば日本国内や朝鮮半島、中国やロシアの沿岸部であれば給油なしで直行できます。ビジネス需要の総量が減るのはそうかもしれませんが、一方で残ったビジネス需要はよりプレミアム性のあるものへシフトする部分はあるかと考えています。
マス層はLCC主体に、富裕層は時間を買うような飛び方になるかなと考えています。
とても分かりやすいまとめでした!
出張が50%以上減るというビルゲイツの読みはきっと正しいのだろうな…と思います。毎月数回の国内外出張に出ていた、飛行機とlove hate relationshipがあった身としては、今の何でもかんでもオンラインな現状は寂しく感じますが。。
180秒では無理。
中途半端なシンセグメントではなく、機内感染を徹底抑制する全部ビジネスクラスみたいなハイクラスなセグメントが生まれるんじゃなかろうか? 僕みたいなバックパッカー志向には辛いけど・・・
アフターコロナの世界では海外出張は確実に減ると思います。問題は観光がどこまで戻ってくるかだと思います。
日本のGo Toキャンペーンを見ていると何とかなるような気もしますが、海外旅行は別かもしれません。
来年、国際線が飛ぶようになってどうなるかですね。
エアラインの存亡は観光客の復活がにぎっていると思います。
もう元には戻らないという前提で、もうひとつの柱(収益源)を確立する必要がありそうです。特に収益性の高いビジネス需要はむずかしい。
遅くても2,3年で元に戻ると思います。今起きているとこは過去のことになるでしょう。戻った後の中・長期的な「航空」に何が起き、主となるか。
データがよくまとまっているので、これをベースに自分で考えるためには、とても良い記事です。ありがとうございます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません