新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金属の場合、熱サイクルからの残留応力による歪みが粉のみで支えられるのは稀なので、やっぱりサポートはいるんですねぇ しかも薄いとサポート除去後スプリングバックが起きたりするので、CAD補正ツールを通して、歪みを見込んだ形状をプリンタに送りますねぇ

この形状補正には、試作プリントの計測データでcalibrateしたプリントプロセスの物理シミュレーションを使うものや、純粋に phenomenological にAIでモデルを作るもの、それらの混合などがあります 最近はこれに加え、プリント中の in-situ 計測データ (主に画像スペクトラム) を元に、リアルタイム補正をかける、という方法も商用化されはじめてますねぇ この画像スペクトラムデータの速い解析にAI使う、なんてのもありますよ

ってな感じのを、来年冬学期に新しくやるfundamentals on smart additive manufacturingの授業用にいま準備してますよ 来年も冬学期は確実にリモートなので、宿題づくりが大変ですねぇ

「結合剤噴射(インクジェット式)や粉末床溶融結合(SLS/SLM)などの造形方式を採用する3Dプリンタの場合、敷き詰められた粉末材料にレーザーを照射したり、接着剤を塗布したりなどして材料を硬化させて積層していくため、未硬化の周りの粉末がサポート材の役割を果たします。」