新着Pick
528Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても面白いインタビューだった。ハンガリー生まれ、テレビもない家で育った女性科学者が米国にわたり、40年以上にわたってRNAの研究に熱中。それが、2020年のパンデミックを救うワクチンの基礎をなす、研究成果につながっているという物語。彼女こそワクチンの「影のヒロイン」でしょう。

尚、たまたま雑談で「ネットフリックスから、ドキュメンタリーにしたい」という電話がかかってきたことを、話していたカリコさん。娘さんは、五輪で金メダルをとったアスリート。映像化されることを願っています。
とても科学者らしい科学者といったら私のイメージがステレオタイプでしょうか、とにかくカリコ先生は「科学者らしい」というイメージにぴったりの方でした。

とにかく伝わってくるのは、研究が大好きだということ。愚直に自分の関心を追及していく姿に、なみなみなるパッションを感じました。

日本に旅行に行った時も、面白いアイデアを思いついてしまったがために、観光することもなくウンウンと頭を抱えて、ホテルの部屋から出なかった。だから街の様子がよくわからないのよ、というエピソードは、カリコ先生の情熱がよく表れています。

是非、多くの読者に彼女の功績を知っていただきたいと感じました。
1年という異例のスピードで開発を行った新型コロナのワクチン。BioNTechやモデルナといった、開発を行っている企業の株価は高騰し、経営陣らは連日メディアでも取り上げられています。

しかし、このワクチンの技術の根幹となる特許を持つ、ハンガリー出身の研究者にはあまりまだ光が当たっていません。

「周りでワクチン接種に不安を感じている人がいたら、いつでもメールを頂戴。できるかぎり疑問に答えて、みんなが正しい判断をできるようにしたい」

忙しい合間を縫って取材に答え、こんなフォローをしてくれるカリコ氏。40年以上にもおよぶ彼女の努力にこそ、ぜひ光が当たって欲しいと感じています。
こういう人の存在を見つけて光を当てられるのがジャーナリストの醍醐味ですね
凄く良質でタイムリーな記事ですね、NP流石です。
技術的な説明だけではなく、研究者のお人柄まで伝わってきました。カリコさんの指針となっている「the stress of life(人生におけるストレス)」読んでみようかな。
これまでちょっと不安に思っていたmRNAですが、好感がもてるようになりました。特にBioNTechのワクチンには。

ストレスのない人生を歩むための座右の銘。「他人を変えることはできない。私にできることは、自分にとって何が大事なのかを見定め、あっちこっちよそ見したりせず、行動すること。」この言葉のワクチンは効きそうです。
脚光を浴びるRNAワクチンの基礎をつくった研究者カリコ博士の、読み応えのあるインタビュー。誠実で実直な人柄が伝わってきます。
こんなhidden storyがあったとは! 最後の方に山中伸弥さんのお祝いの言葉も。
記事を読んで、このワクチンへの印象が変わった。
それだけのパワーがある記事。

もちろん、カリコ先生は素晴らしい研究者だが、
こういう取材をしようと考えた記者の方もすばらしい。
超かっこいい。カリコさんの存在を知らなかったので勉強になった。記事中にあるように、ワクチンにはウイルスに対する抗力を持たせる以外に「人々の不安を取り除く」作用もあるんですよね。おもしろかった