新着Pick
698Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンのAWSのシェズ・パートヴィ医師、非常に興奮した様子でお話されていたのが、とても印象的でした。

記事の中にあるモデルナは、ワクチンの最初の開発からデリバリーまで、一貫してAWSを利用している稀有な企業。でももちろん大手製薬会社も、プロセスの一部ではAWSを利用しているとこと。いまや創薬のインフラとしてなくてはならない立ち位置にもなっているんですね。
非常に興味深いです。
2020年、各国政府より早くパンデミックに警鐘を鳴らしたのが、カナダのスタートアップであるBlueDotです。彼らは世界中のブログや論文などの情報を、自然言語処理を使って解析し、リアルタイムで感染症を予測するプラットフォームとして世界的に知られました。

実はその24時間体制で、65言語にわたる情報をかき集めて、分析するインフラになっているのがアマゾンのAWSでした。同じ様に、いま世界中で接種が始まろうとしているワクチン開発の現場にも、AWSのテクノロジーが黒子役として入り込んでいます。

臨床医として活躍した後、アマゾンのAWSのライフサイエンス分野の幹部に就任した、シェズ・パートヴィ医師に貴重なインタビューをさせてもらいました。ご一読ください。
せめてコールセンターの技術だけでも、日本は導入して欲しいですね。
———

だからワシントン大学は、AWSのクラウドを活用するようになりました。音声AIアシストの「アレクサ」のように、人間と会話できるテクノロジーを導入したのです。
彼らは2週間で、AIを活用した最新のコールセンターを新たに作り上げました。
mRNAベースのワクチンやディープマインドのAlphafold等ヘルスケア業界においてもDXの重要性を示すニュースが相次いでいて、その内幕が分かる良記事。今後数十年大きなインパクトを持つバイオヘルスケアにおいても、米国企業が大きく先行して国内勢は完全に取り残されそう
AWSに、医師の方が勤務しているというのがそもそも興味深い。アプリケーションを広げていくには、実際の経験が極めて重要で、ビックリもする一方でとても合理的。
AWSがワクチン開発のプラットフォームになっていたとは。機械学習や画像認識などの部品もAWS。AWSの機能をもっと有効に活用しよう、という気になりました。
まったく知らなかった。ワクチン特集にAmazonてなんで?と思ったけど、記事読んでみたら納得。さすがというより、もはやAmazonがカバーできない領域はないんじゃないかという畏怖を覚える。
アマゾンAWSの機械学習を用いた創薬、ロボティクス活用が新型コロナワクチン開発に大きく貢献との記事。
新型コロナの遺伝子情報入手から3日で新型コロナワクチンの基本設計完了。アマゾンのロボティクスを活用した製造プロセスを経て製品化し63日後に臨床試験で投与。一昔前には考えれないスピード感。
”超高解像度の写真の中から、小さな小さな抗体を見つけては、ラベル付け”
これは意外な事実を知ることができました。先端ヘルスケアの分野でもAWSが活用されているとか、本体でヘルスケアの関係者を集めているとか。この分野はイノベーションが激しいと思いますので業界の知見を取り入れていくことは重要だと思います。
この連載について
2020年に世界で150万人以上の命を奪った、新型コロナのウイルスから身を守るワクチンの接種が、いよいよ今月から米国や欧州、日本で始まる。脱コロナの切り札・ワクチンをレポートする。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績