新着Pick
476Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
圧倒的な力でリーグ制覇を果たしたフロンターレの「歴史」を作ってきた庄子GMに話を聞きました。この4シーズンで3度のリーグ制覇と1度のカップ戦優勝。
常勝軍団と言って差し支えないその裏側に、失敗から学んだチーム作りがあります。
組織の分厚さや歴史といったファクターはあれど、「積み上げる」「育てる」という「当たり前のこと」ができる環境を整備していくこと。即戦力志向にある今こそ、フロンターレに学ぶものがあると改めて思いました。
「当たり前のことを当たり前にやる」ことがいかに組織を強くするかというまとめは、その通りだと思います。ただ、それがなぜできないのか、選手たちはどう思っていたのかなんてところを深く掘り下げていただくともっと良かったと思いました。この記事から想定されるのは、例えばGMや監督は実は今の選手そのものよりも選手の実績を見ている、とか。
フロンターレ、いいですね。育成も成功しているんでしょうけど、三笘や旗手などの大卒新人がいきなり大活躍しているのを見ると、目利きもすごいんでしょうね。中村憲剛のフロンターレ・Jリーグにおける功績は誰もが認める所ですが、風間監督は結果に恵まれず不運でした。このインタビューでは今のフロンターレの技術の基盤を築いたとしてフィーチャーされていて良かったですが。

一つ個人的な懸念は、フロンターレを初めとしてJリーグのクラブは外国人GKに席巻されていることでしょうか。「チームで一人しか出れない」「交代もほとんどない」「40歳位までプレーできるので世代交代も少ない」という、ただでさえものすごくチャンスが少ない世界の中で、日本人GKが育たなくなるんじゃないでしょうか。
継続は成長であり、現状維持ではない。
やはり、しっかりとしたクラブとしてのフィロソフィーがあるから監督や選手、スタッフ選びも軸がブレない、というのが強さの秘訣なんですね。
当たり前のことを当たり前にやる

この実戦と継続の難しさは皆さまご存知ですが、
何をもって当たり前とするのかの意思統一、考え方や目線のすり合わせ、
そして持続していく過程のトライアンドエラー、、、

これほどまでに言うはやすし行うが難しのテーマは無いかと思います。
長らく積み上げてきたフロンターレの強さの根幹を垣間見ました。
スポーツもビジネス同様に常に進化しているわけで、時代に合わせた戦略、戦術を着実に遂行していく必要がありますよね。その上で“当たり前のことを当たり前にやる” 刺さる言葉です。
チームの強みを理解したうえで、勝ち方(スタイル)を決め、選手を育て、経験を積む。当たり前のことに見えますが、実践できている企業や組織は多くないと思います。庄司さんのインタビューからは、企業経営にも多くのヒントがあると思いました。
円の中心
これから、アジャイルの世の中の加速で
さらに重要と思います。あらためて。