新着Pick
1114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先進国におけるワクチン接種のカウントダウンに合わせた特集を、今日から1週間スタートさせます。

世界で150万人以上の命を奪ったコロナウイルスに対して、高い有効性をもつとされる、ワクチンの接種がいよいよ先進国で始まります。世界中で契約された製造数はすでに70億発に上り、歴史的なパンデミックの収束を狙います。

NewsPicksでは、コロナの震源地として世界中に報じられた武漢(中国)を始めとして、集団免疫でのぞんだスウェーデン、最速でワクチンを配るロシア、いまだに感染が止まらない米国から、撮影したばかりの映像をショートドキュメンタリーでお届けします。

2021年の未来を左右するのは、この歴史的なワクチンにかかっているのは、間違いないでしょう。ぜひご一読ください。
世界中の人たちが、コロナによってどんな形であれ生活が変わりました。未曾有のウイルスとどう戦うのか、各国が様々な戦略を取り、その戦略によってその国に生きる人たちの運命も大きく左右されました。

NewsPicksのシリコンバレー支局があるアメリカ、カリフォルニア州では、30人に一人が感染しています。日本からしたら信じられないかもしれません(ちなみにノースダコタ州は10人に一人でという数字)これまで少し開店し始めたレストランも今週末から店外で飲食ともに禁止になります。その一方で、コロナの感染者が初めて報告された中国・武漢は活気が戻っている・・・

そして今ワクチンの接種が始まる中、リスクとともに私たちはどんな選択をするのか、決断が迫られています。

世界各国の人は今、何を思うのか、現地の人の声を届けます。お国柄や事情が出ていて、とても興味深いです。
ニューヨークから、わずかながら出演させていただきました。私が心から尊敬する上司のフェルナンデス医師や加藤医師も出演されています。お二人とも自身が感染を経験されながら、ここニューヨークで患者さんらの診療に今なおご尽力されています。加藤先生は、この当日夜通しの手術で全く睡眠をとられていなかったそうです。後藤さん、洸さんらのご尽力で、世界の現状がよく理解できる動画になっていると思います。ぜひご覧ください。

「ワクチンでコロナ時代は終わるか」はまだ誰にも分かりません。まだあまりにも不確定要素が大きいからです。我々にできることは、Hope for the best, prepare for the worst(最善の結果に期待しながらも、最悪の事態を想定して準備しておく)だと思います。
スウェーデンがやはり特殊。アメリカに住んでると日本を羨ましく思う。台湾はもっと羨ましい。

カリフォルニア、後藤さんたちがいるサンフランシスコから60kmほど離れたベイエリアでもロックダウンに近い状況に逆戻り。冬に向けてレストランはアウトサイド席を増やして冬でも大丈夫なようにヒーターとか追加してせっせと対策をしてきたはずが、明日からアウトサイド席すら禁止に。またもや、配達orピックアップのみの生活に逆戻り。(プリスクールはオープン。

あまりに悲しくてロックダウン前に昨日はサンフランシスコのタルティーンでランチしましたが、サンフランシスコの治安は更に悪化しておりマスクをしてない頭のおかしなおっさんが客に絡みまくるという子どもには説明しづらい状況まで発生、一時期店は騒然としました。
一方で、店に着席してからメニューはQRコード読み取りでスマホで確認し、スマホでオーダーまでして出来るだけ接触しないでいられるというサービスまで登場。

ある意味ではこのどうしようもない状況で確実に、世の中は変わりつつあります。
動画の中、ワクチンを打てば、かからない。という認識があるのかな?と思いました。
1度ウイルスや細菌に感染すると、その病気に対する免疫がつき、記録として身体に残ります。そのため、多くの病気は「一度かかると二度とかからない」と言われますがインフルエンザは例外で、冬に大流行するA型だとか、人には移らないB型、子どもにかかりやすいC型。毎年少しずつ性質が変化しているため、ワクチンを打っても一生のうちに何度かかかります。

型が色々あって また変わるという事が分かった上で、
今回のコロナワクチンですが
経済再生担当の西村大臣が、「今欧米で流行っている形と、日本で流行っている形は違うと認識している」と発言されています。
欧米で流行っている型で治験されたワクチンを日本に持ってくるわけですが、要するに「日本で騒いでるコロナには効かないかもしれないワクチン」を推進していくというお話。
ワクチン否定派ではありませんが、皆さんもこの動画に出演されている方々のように、自分でしっかり考え意見を持ちましょう。私もちゃんと考えます。
いくらワクチンが開発されていても、国民が副作用を恐れて接種率が上がらなければ、コロナ時代は終わらないでしょう。
人一倍慎重な国民性の日本では、そちらのリスクの方が高いような気がします。
NYCのセグメントでは、スペイン語での本音をお聞きしたかったですねぇ 不法移民が多い地域の方々の本音は、メリケンでは普段から中々表に出ないのですが、ニホンのメディアなら話して頂けたかもなので メリケンがかなりヤバイこのタイミングでの、取材チャンスだったと思うんですけどねぇ このdemographicに関して、 今メリケンでは統計レベルの情報とそれに関する偉いセンセイの考察以外、ほとんど分からないですから (まだその余裕がないんでしょうねぇ) 多くのニホンの方々は余りご興味ないかもですが、エイゴにして発信すればソコ観たい方々は多いと思いますけどねぇ
いよいよ69億発のコロナワクチンが世界中に降り注いでいきます。わずか一年弱でここまできたのは歴史を塗り替える偉業でありつつも、まだ感染症新時代のスタートラインに立ったばかりなのかもしれません。

今週の特集は「ワクチンがやってきた」。初回は中国・武漢、ロシア、スウェーデン、アメリカ、そして日本。同時代で全く異なる世界の風景を、ショートドキュメンタリーでお届けします。
これはすごい動画。必見でしょう。武漢だけでなく、ストックホルム、モスクワとあるのは貴重。そういう意味では、これからワクチン接種が始まって、感染開始からいよいよ Chapter 2という感じなのでしょう。

まさにラーメンが食べられる特殊なまち東京にいますが、半年後にはオリンピックですもんね。
ワクチンがいよいよというタイミングで、世界中の人のインタビュー含めて、ワクチンについてどう思うかやこれまでどう過ごしてきたか、多様な現実がまとまっている。少し長いが、是非見ていただきたい。
最後の「ラーメンの状況」が興味深い。一方で、大統領選挙などでは全くマスクをしていない状況も動画で見えた。時期もいまではないが、地域によって捉え方などが違うのだろうか。あとは、共和党支持の医師の方は、トランプ大統領のこれまでの施策などについてどう捉えられているのだろう。