新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタル人民元の運用開始に向け着々と準備が進んでいる印象です。

実際に運用が始まれば、アリペイやウィーチャットペイといった既存のモバイル決済には大きな打撃となります。

アリペイを運営するアントグループの2020年上半期におけるデジタルペイメント関連の売上は260億元と、全体の35.9%を占めています。これには店舗からの手数料収入などが含まれており、手数料無料のデジタル人民元が普及するとこの部分の収入は無くなってしまいます。

最近フィンテック企業に対する規制も強化されていますので、ビジネスモデルの転換を余儀なくされそうですね。
個人的な理解の整理
①そもそも人民元の国際通貨としての距離感は10年はある
・資本取引規制や為替レート維持をやめないといけない
・一方で中国としてはグローバル経済のボラティリティを
 ヘッジするため何とか為替レート維持したいのでは
 (アジア通貨危機の反面教師)
②となると今のデジタル人民元はキャッシュの代替の
 位置付けに留まるレベル?
③更に中国では既に民間IT巨人中心に、決済のデジタル化
 は普及してしまっている
 (故に金券程度しか消費者にメリット提供できない?)
④強いて言うと「キャッシュレス」との違いは強制流用力
 くらいか

これらを考えると、
・短/中期: どこまで民間IT巨人とのカニバリがあるか?
・長期: 人民元が国際化された際にインパクト大きい?
   (しかし、そもそも人民元の国際化って...??)
あたりが気になっておりますが、自分はマクロ経済/金融の専門家ではないため、詳しい方のご意見を伺いたいところです。
一人2000元を配っているそうだ。
これではアリペイやWeChatペイより便利だったら一挙に普及だろうが、
政府のやっているアプリは成功した事例は少ない。
一つのテストだけだろうな。
しばらく地方出張して、VPNが使えなくなり、いま北京に戻った。
この実験は、デジタル人民元を普及させて紙幣印刷等のコスト低下を図るとともに、ささやかながらも消費喚起にも役立ちそうですね。

配布を受けた市民が消費に回せば、(金額にもよりますが)景気がよくなります。

長期的には、紙幣の発行や取扱のコストを激減させることができます。

日本でもやってみれば面白いと思うのですが、消費に回らず貯蓄に向かうという反論が出てきそうですね(笑)
蘇州ではこれまでも公務員を対象に給与のデジタル人民元のテストを実施していました。今回は一般の人たちにも拡大したテストとなります。

決済方法は、バーコード決済や顔認証決済、タップ&ゴーの非接触決済などをテスト。場所は小売やサービス業、交通機関、公共料金の支払いなど。この8月までのテストでは、6,700種類を超えるテストを実施していたようです。

中国中央銀行の副総裁は、10月に開催されたSibos2020で「暗号資産から法定通貨を守り、通貨主権を守るために、中央銀行は新しいテクノロジーで通貨をデジタル化する必要がある」と述べています。
深圳の次に蘇州でDCEP(デジタル通貨電子決済)の実証実験をすることは、1年くらい前に発表されてました。コロナで延期になったんですね。

なお、前回(深圳)は、習氏の同市訪問とタイミングを合わせて実施されました。
中国大陸に住む人々(全員ではない)の認識としては、、、
中国政府は中国人が紙幣ではなくデジタル通貨を使用することを強く推している。目的としては、現在中国政府はあまりにも多くの外国為替資金を損失している。そのため、通貨や人をコントロールするという点が目的だ。事実、この点における赤字は大きい。

例えば、人々が海外に行きたいのであれば、人々が持っていけるお金の額に制限がある。事実、紙幣の場合隠している人が多い。しかし、これがデジタルになった場合不可能になる。

デジタルマネーを定着させる事で、お金がどこにあるのか、どの産業に流れているのかを簡単に知ることができる。
12月12日の双12という買い物セール日に合わせて、深センに続いてデジタル人民元を蘇州でも配布開始。
12月5日から予約開始。
12月7日〜抽選。12月11日の8時から当選者発表。
12月11日20:00〜12月27日24時までデジタル通貨が有効。
12月28日の0:00から未消費のデジタル人民元を回収する感じです。
1番すごいと思ったのが未使用の通貨を回収できるところ、強制的に消費させる事ができるから、すごいですね。
またしても日本はデジタル世界から取り残されるのかどうか
新華社の報道だそう。10月に深センで始まったデジタル人民元の実証実験、第二弾を江蘇省蘇州市で行われるそうです。総額は深センの2倍だそう